2009年06月25日

中国外務省が朝日新聞報道を改めて否定。

傾注!
諸君、ようこそ。

Yahoo!ニュースから。

「それこそ007の続編」中国外務省が朝日新聞報道を改めて否定

【北京=矢板明夫】中国外務省の秦剛報道官は25日の定例会見で、朝日新聞が中国側に全否定された「金正雲・胡錦濤会談報道」を「確かな取材による記事」と主張し続けていることについて「それこそ朝日新聞による007(英作家、イアン・フレミングのスパイ小説のこと)の続編ではないか」と皮肉り、改めて朝日報道を否定した。

朝日新聞は16日と18日に北朝鮮の金正日総書記の後継者とされる三男の「正雲氏が訪中し胡主席と会談した」と2度報じたが、これに対し秦報道官は18日の会見で「事実ではない」と報道を否定したうえで「まるで『007』を読んでいるようだ。彼らはどんな続編を書くのだろうか」と述べた。

しかし、朝日新聞はその後も報道内容が事実であると強調し続け、秦報道官の発言を引用し朝日報道の真実性に疑問を提起した週刊新潮に対し、「朝日新聞の信用を著しく毀損(きそん)する」として、謝罪と訂正を求める抗議文を24日に送付した。

こうした朝日新聞の強気の姿勢についての見解を聞かれた秦報道官は「中国外務省はまだ朝日新聞からの抗議を受けていない」と言明したうえで、「私はすでに事実関係をはっきりさせている。彼(朝日記者)を信じるか、私を信じるか、それはあなたたちの自由だ」と語った。

2009.6.25

だははw

これは中国側の言ってることが正しいですね。朝日新聞が報道した「金正雲・胡錦濤会談」ってのは事実ではありません。何故わかるかと言うと、それはうわやめなにするあqwせdrftgyふじこlp;

つーか、“主体思想”を基にする、彼らのメンタリティからも、ちょっと考え辛い話です。

そう言えば、ちょうどその時期、北の高官が病気治療の為に北京を訪れているのですが、朝日はそれを勘違いしたんでしょうか?

情報の出所が何処なのかわかりませんが、わざと偽の情報を掴まされた可能性もありますね。防諜の一環として、情報漏洩ルートを特定する為にやることがありますし。他に考えられるのは、金正雲氏を神輿として担ぎたい、北のグループが流した可能性。

先日、金正雲氏の側近が金正男氏の暗殺を企て、中国に阻止されていたと言うニュースがありましたけれども、これを見てもわかるように、金正日将軍の後継者はまだ決まっておらず、様々なグループがせめぎあいをしているのが現状だと思われます。その為、“金正雲氏=正統後継者”との既成事実化を目的として「金正雲・胡錦濤会談」の偽情報を流した可能性もあるかと思います。

それにしても、本当にわかりませんね、あの国の事は。最近では金賢氏(金正日の弟)の名前まで出て来てますし、いったい、どうなる事やら。金正雲氏なんて、あんまり政治的力量は無いから、後継者としてはどうなんだろ?まあ、神輿ならそれでもいいか。どうせ、集団指導体制になってるんだしw



本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5



posted by 隊長 at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5万ウォン紙幣にトラブルw

傾注!
諸君、ようこそ。

朝鮮日報から。

表面がめくれる5万ウォン紙幣に不安の声
偽造を防止するための銀色の帯が点線のように付着


23日に発行された最高額紙幣5万ウォン(約3700円)札の終端部分がめくれて、「紙幣に欠陥があるのでは」と一部で指摘された。これについて韓国銀行は「不良品ではなく、最初からそのように設計されている」と24日説明した。

新たに発行された5万ウォン紙幣には、偽造防止のために薄い特殊フィルムでできた銀色の帯が前面の左側に点線のように付着している。この帯の終端を両手でつかみ、少しだけ力を入れたりすると、紙幣に小さな隙間ができる。

韓国銀行発券局の李來晃(イ・ネファン)局長は「同じように製造されているメキシコの1000ペソ(約7200円)は昨年から現金自動預払機(ATM)などでも使用されているが、紙幣の表面がめくれることが原因となった障害は発生していない「2007年から新しく発行されている1000ウォン(約75円)紙幣にも銀色の帯が付着しているが、これまでのところ特に問題なく流通している」などと説明した。

李局長はさらにすでに3回のテストを経て5万ウォン紙幣の耐久性を確認しているが、何の問題もない。銀の帯の終端部にわざと力を与えない限りは、紙幣が破れたりめくれた部分がさらに大きくなることはない」と述べた。

韓国銀行は紙幣の表面がめくれる現象について心配の声が出ていることから、韓国造幣公社に追加の試験を行うよう依頼し、ATMなどでも障害が発生しないかさらに確認することにした。5万ウォン紙幣のように立体型の銀の帯が付着された最新技法の紙幣は、現在スウェーデンやメキシコなどで使われている。米国でも近く最先端の偽造防止機能を持つ銀の帯を付着した100ドル(約9600円)紙幣を新たに発行する予定だ。

2009/06/25

またかw

韓国って、2006年にも新5千ウォン札で史上初の“紙幣リコール”をやってるんですよね。この時は、ホログラムの欠陥でした。

新5千ウォン札、欠陥でも製作を強行


「最初からそのように設計されている」

すでに3回のテストを経て5万ウォン紙幣の耐久性を確認しているが、何の問題もない」


「最初から云々」ってのは、プログラムに不具合が見つかった時の「仕様です」と同じだなw しかし、テスト3回ってアンタ、マジですか?本当だとすると、いくらなんでも酷すぎる…。

いっそ、ケロロ札にしちゃえば?もしくは、北朝鮮に造ってもらってはどうか?あっちの方が、技術力は遥かに上だぞw


↓参考:ケロロ札




韓国の自動販売機では、ケロロ軍曹のお札が使えてしまいますw


posted by 隊長 at 20:50| Comment(4) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。