2009年10月02日

扱いに困るスーチー氏。

傾注!
諸君、ようこそ。

毎日新聞から。

ミャンマー:スーチーさんの控訴棄却

【バンコク西尾英之】ミャンマーの民主化運動指導者、アウンサンスーチーさん(64)の裁判で、ヤンゴン管区裁判所は2日、1審の懲役3年の有罪判決を支持しスーチーさんの控訴を棄却した。

ミャンマー軍事政権をめぐっては、オバマ米政権が9月、これまでの強硬政策を転換し政権との直接対話方針に踏み切ったばかり。このため軍事政権側がスーチーさん問題で譲歩を示すかが注目されたが、米国との対話開始後もスーチーさん解放には応じず、来年予定の総選挙をスーチーさん抜きで行うとの強硬姿勢を改めて国際社会に示した形だ。

自宅に侵入した米国人男性と無断で接触したとして国家防御法違反罪に問われたスーチーさんは、8月にヤンゴン郊外の特別法廷で懲役3年の有罪判決を受け、直後に軍事政権が自宅軟禁1年6月に減刑した。

スーチーさん側は無罪を主張して控訴。一方でスーチーさんは、米国のミャンマー政策転換を受けて、政権トップのタンシュエ国家平和発展評議会議長に「(欧米による)経済制裁解除に向け(軍事政権と)協力する用意がある」とする手紙を送り、政権との妥協を拒んできた姿勢を軟化させた。

しかし議長はスーチーさんの手紙に一切反応していない。スーチーさん側は控訴棄却を不満として最高裁に上告する方針だが、有罪判決が覆る可能性はほとんどないとみられる。

2009年10月2日

当然でしょうねー。ミャンマーの軍事政権としてはスーチー氏の開放なんて認められない。スーチー氏を自由にしちゃったら、欧米の思う壺ですし。

それにしても、扱いに困るわなあ。何と言ってもアウンサン将軍の娘だし、アングロサクソンの手先だからって殺すわけにもいかん…。当分は今の様な自宅軟禁が続くんでしょう。

まあ、スーチー氏を民主主義の指導者と考え、ミャンマーの軍事政権を非難してる人も多いようですが、民主主義ってのが何時でも何処でも最上では無いってことも、考えてみるべきかと思います。



関連:軍事政権が必要な国だってある。


本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5



posted by 隊長 at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タリバン元兵士に職業訓練って…。

傾注!
諸君、ようこそ。

毎日新聞から。

アフガン支援:タリバン元兵士に職業訓練、米に日本案伝達

政府は2日までに、海上自衛隊によるインド洋での給油活動中断の代替策として検討しているアフガニスタン復興支援策の柱の一つとして、新たに反政府勢力タリバンの元兵士への職業訓練を実施する方針を固め、米政府に伝えた。米政府は日本案を評価する考えを示している。タリバン元兵士への職業訓練はこれまで実施されておらず、代替策にふさわしい「日本の新しい国際貢献」としてアピールできる利点がある。

アフガニスタン国内のタリバンは数十万人に上るとされるが、金銭目的で加わる人も多い。貧困による武装化を防ぎ、タリバンを生む構造を改善するという位置づけとし、治安悪化に苦しむ米国を側面支援する意味もある。外務省幹部は「元兵士らを参加しやすくし、できるだけ大規模にやりたい」としており、訓練中に給与を支払い、費用を負担することも検討している。

職業訓練の指導員はアフガン人から採用するが、指導員を指導する人材の確保や、訓練場所をアフガン国内にするか、第三国とするかなどが課題だ。

日本政府は国連とともにアフガン国軍の武装解除(DDR)を主導。約6万人の国軍兵士の社会復帰支援をした。今回の支援策はこのノウハウをタリバン元兵士にも適用する。

日本はアフガンに総額約20億ドルの支援を表明し、約8万人の全警察官の給与半年分の支援や稲作などの農業支援をしている。従来カブール周辺が中心だった農業支援を比較的治安の安定している北部に拡大することも検討している。

2009年10月2日

国内の治安が回復して、経済状態が良くならないと仕事自体が無いと思うんですが…。その辺はどう考えているんでしょうか。





ああ、PMCですね?わかりますw

posted by 隊長 at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。