2009年11月26日

自衛隊の制服は…w

傾注!
諸君、ようこそ。

産経ニュースから。

 【事業仕分け】自衛隊の備品購入費を削減「調達ルート多様化を」

政府の行政刷新会議は26日午後、事業仕分け8日目の作業を続行し、自衛隊の備品購入(要求額271億円)や制服などの被服購入(89億円)について予算の削減、銃器類・弾薬購入費(118億円)は「見直し」を求めた。いずれも調達ルートの多様化など経費節減の工夫が必要と指摘した。

備品では、同じ製品でも陸自、海自、空自が一括購入せず、別々に発注していることが問題視された。制服は国内製造にこだわらず、海外からの調達も検討すべきだとの意見が出た。

経済産業省が計80億円を求めた商店街・中心市街地活性化支援の3事業は予算を20%削減した上で地方に移管するよう求めた。仕分け人は「補助金では地方の現場の使い勝手が悪い」と指摘した。全国商店街振興連合会などが積み立てている3基金(計241億円)については必要額を除き国庫に返納すべきだとした。

2009.11.26

銃器類・弾薬購入の調達ルート多様化って言っても、国内じゃあんまり選択肢が無いような…。もしかして、ノリンコから買うってことですか?w 

まあ、備品についてはその通りでしょうね。一括購入した方が安くなるし。でも、本当の問題はOBの天下り企業に○○○の整備とか丸投げされてる事なんじゃありませんか?その辺を是非、追求して頂きたい。


「制服は国内製造にこだわらず、海外からの調達も検討すべき」

あのー、一部は既に中国で生産されているんですけど…?



関連:陸自装備品汚職で有罪判決。




本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5



posted by 隊長 at 21:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒豹のパワーパックに欠陥

傾注!
諸君、ようこそ。

中央日報から。

次世代戦車「黒豹」試運転中に重大な欠陥

韓国が開発した最先端戦車「黒豹(フクピョ)」の主要部品に問題が発生し、当分事業日程が狂うことになった。

議員らによると、ビョン・ムグン防衛事業庁長は24日、国会国防委員会で行われた非公開の報告で「黒豹の主要部品に深刻な問題が発生し、来年度の予算を執行できなくなるかもしれない」と明らかにした。

これにより黒豹の量産計画が不透明になった。トルコなどを対象に進めてきた輸出・技術移転などの日程が狂う可能性も排除できなくなった。欠陥が確認された部品は、エンジンに変速機を結びつけた「パワーパック」。戦車の主要部品パワーパックはかつてドイツから輸入していたが、国防科学研究所などが国産化に成功した。

しかし、黒豹に搭載し、試運転する過程で問題が発見されたのだ。防衛事業庁は今年、黒豹関連の予算として70億ウォン(約5億4000万円)を反映、事業に着手しており、本格的量産に向けて来年度予算案に882億ウォンを策定した。国防委関係者は「防衛事業庁は深刻な欠陥の原因が何かを把握できずにいる」とした後「今年の予算70億ウォンはもちろん、来年度の予算が執行できなくなるかもしれない」と述べた。

2009.11.25

「国産化に成功」

確かMTUの1500馬力エンジンを斗山がライセンス生産するんじゃなかった?なのに国産化?ライセンス生産じゃないのならパクリじゃねーかw

posted by 隊長 at 19:59| Comment(1) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。