2008年06月12日

「岐阜県関刃物産業連合会」が、ダガーナイフの生産と輸入を中止すると発表。

傾注!
諸君、ようこそ。

毎日新聞から。

秋葉原殺傷:ダガーナイフ、生産と輸入中止 関の刃物業者

東京・秋葉原で17人が殺傷された事件に絡み、刃物の生産地として知られる岐阜県関市の「岐阜県関刃物産業連合会」(北村正敏会長)が、凶器として使用されたダガーナイフ(短剣)の国内向け生産と輸入を中止する方針を固めた。12日の運営委員会で正式決定する。警察庁などの関係省庁に銃刀法の改正や輸入禁止の措置を求めることにしており、北村会長は「ダガーナイフは日本では必要がない」と話している。

連合会は関市の刃物の生産、卸業者の9団体362社で構成している。約780年前から日本刀を作ってきた技術を生かし、戦後は家庭用刃物の生産に転向。包丁、ナイフとも全国のシェアの5割を超え、ドイツ・ゾーリンゲンと並ぶ世界的な生産地だけに、今回のダガーナイフ生産中止の影響は大きい。

北村会長によると、ダガーナイフは関市でも長年、米国メーカーの依頼で生産・輸出し、米軍に納入され戦闘用として使用されてきた。相手を突き刺すための両刃の武器で、耐用性が高く、殺傷能力が高いとされる。銃刀法では刃渡り15センチ以上の刀剣類の所持には許可が必要だが、凶器として使用されたダガーナイフは13センチ。北村会長は「殺傷能力も高いし、片刃の刀剣類と同じ基準の規制ではおかしい。そもそも国内では使用する必要がない」と訴える。

近年は生産コストの上昇に伴い、生産拠点が中国などにシフトし注文は激減しているといい、逮捕された加藤智大(ともひろ)容疑者(25)が今回使用したダガーナイフも中国で生産されたものという。

北村会長は「生産・輸入を中止することで国内での流通を少しでも食い止めたい。不正なルートで密輸入されないよう税関などのチェック態勢も強化すべきだ」としている。

2008年6月12日

まずは秋葉原で被害に遭われた方々、並びにご遺族の方々に謹んで哀悼の意を表します。合掌。

さて。確かに、ダガーナイフは殺人専用ナイフですからね。現在の日本では必要ないと言えば必要ありませんな。ただ、中には美術品としての価値があるものも存在するわけですし、そもそも、刃物を規制したからと言って、それを使った犯罪が減少するかどうかは疑問ですが。他の刃物、例えば柳刃包丁なんかも、結構な凶器になるでしょうし、牛刀だって、似たようなもの。

しかし、ダガーナイフの殺傷力を考えると、規制する意味があるのかも知れませんね。柳刃包丁なんかにはフィンガーガードがありませんから、血糊で手が滑って怪我をするでしょうし、刃の靭性が低いから割と早く折れてしまうんじゃないかと。この点、ダガーナイフは殺人専用だけあって、耐久性も抜群ですから。

↓ところで、コレ。

「ダガーナイフは関市でも長年、米国メーカーの依頼で生産・輸出し、米軍に納入され戦闘用として使用されてきた」

えーと、関市でダガーナイフ生産してるメーカーってあったっけ?輸入してるメーカーならあると思いましたが…。

あと、米軍に納入してたっての、初めて聞きました。米軍が、ダガーナイフを制式採用してたってことですよね?ホンマかいな?



本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5
posted by 隊長 at 22:20| Comment(8) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダガーナイフなんて、はじめて聞きました。
私のイメージは、
通り魔の凶器 ⇒ 大出刃包丁。
としか思い浮かしませんでした。
Posted by モモン7032 at 2008年06月12日 22:57
まあ必要不要でいうと色んなものが不要ですなぁ。(´・ω・`)
これで凶器がゴルフクラブだったら絶対規制にはならんくせに。

しかしなんか事件が起こるとなるべく自分の関係ない分野のものに責任を転嫁して自分は安全だと思いたがる連中はなんとかならんもんですかねぇ?
Posted by 播磨屋 at 2008年06月12日 22:59
いつも楽しく拝見しております。
で、

「米国メーカーの依頼で生産・輸出し、米軍に納入」

これって武器輸出にならんのかしら?言っちゃって良いのかそんなこと?


Posted by (ぐ) at 2008年06月13日 00:03
ダガー・・・たしかに刺突専用の刃物だから日常やアウトドアには転用不能ですもんね。
強いて言えばレターオープナー?

ちなみにカランビットナイフは段ボールの梱包を開けるのにとても便利です。

>ゴルフクラブ
今後、傷害事件起す人はみんなゴルフクラブを持つとイイと思うお!
そして、ゴルフクラブが規制されてゴルフ場が潰れたら
その土地をオレが森にするのだ!w
Posted by ミニクーパー at 2008年06月13日 00:07
釘バットでも規制は出来ませんし。むしろ中世の模造武器のほうが凶悪な件について
Posted by ねこ爆弾 at 2008年06月13日 00:11
今でも戦闘用に存在するのか・・・骨董品とばかり。

規制されて今度はグルカナイフとか使われたら怖いなぁ。
あれは登山用に結構重宝されてるんでしたっけ。
Posted by 猫七三 at 2008年06月13日 01:39
>「米国メーカーの依頼で生産・輸出し、米軍に納入」

隊長、確かO-バーが以前にナム戦記念用にマークTのプレゼンナイフを納入しているのがありまして、これが日本のマーケットに少数有りましたがもしかしてこれだと思いますが?(もしくはマークTorマークUのスタンダードナイフです。ナム戦時本国でダガーが不足していたので日本のメーカーに生産依頼があったのかも)

でも、O-バーのダガーは数年前から日本では見なくなり、これの小さい護身用の「ガーディアン」さえも、いつの間にかラインナップから無くなりました。(まぁ創業者一族から北欧の大メーカーにオーナーが変わったのもあるのですが)

バタフライナイフ、サバイバルナイフ等犯罪に使われて販売されなくなったナイフのカテゴリーは結構ありますが包丁とカッターはいくら使われても販売規制は絶対にされないのがこの国です。

また、ゴルフクラブ、バットもしかり。

隊長、不味かったら削除して下さい。
すいません。
Posted by よたろう at 2008年06月13日 05:12
モモンさん
>ダガーナイフなんて、はじめて聞きました。

でしょうね。ナイフとかに興味ないと、普通は知らないもんです。

>通り魔の凶器 ⇒ 大出刃包丁。

確かにw

播磨屋さん
>まあ必要不要でいうと色んなものが不要ですなぁ。(´・ω・`)

ですね。でも、不要なものがあるからこそ、人生に潤いが生まれることもあるわけで。そう考えると不要なものってないのかも。


(ぐ)さん
はじめまして、ようこそ^^

>これって武器輸出にならんのかしら?言っちゃって良いのかそんなこと?

あ!確かにそうですね…


ミニクーパーどん
>ダガー・・・たしかに刺突専用の刃物だから日常やアウトドアには転用不能ですもんね。
強いて言えばレターオープナー?

緊急用のロープカッターとか。両刃だと、刃の向きを気にしないで済みますから。ダイバーナイフなんかも、両刃が多くないか?

ねこ爆弾さん
>むしろ中世の模造武器のほうが凶悪な件について

モーニングスターとか、えげつないわなw

猫七三さん
>今でも戦闘用に存在するのか・・・骨董品とばかり。

最近のバヨネットは刺突専用というより、マルチツール化してますからね。戦闘用のダガーを欲しくなる兵士の気持ちはわからんでもない。

>規制されて今度はグルカナイフとか使われたら怖いなぁ。
あれは登山用に結構重宝されてるんでしたっけ。

私もグルカナイフは持ってますが、重量があるので鉈代わりにも使えます。つーか、あれはマシェトだもんな。山歩きに使うなら、普通の鉈やウナギ鉈なんかがお奨め。値段も安いし。


よたろうどん
>ナム戦記念用にマークT

へえ、そんなのがあったんだ。いずれにせよ、戦闘用じゃないのね。



Posted by 隊長 at 2008年06月13日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100311180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。