2008年06月17日

ギョウジャニンニクの醤油漬けレシピ。

傾注!
諸君、ようこそ。

先日、北海道在住のよたろう殿からギョウジャニンニクを送って頂いたのですが、その醤油漬けレシピを公開。

普通、北海道で行われてるのは、生のギョウジャニンニクを生醤油に漬け込み、数ヶ月かけて熟成させるというものなのですが、御紹介するのは私がアレンジしたもので、3〜7日で食べられる様になります。

1.ギョウジャニンニクを葉と茎の部分に切り分けます。

ギョウジャニンニク1.jpg

ギョウジャニンニク2.jpg

上が茎、下が葉。キッチン鋏を使うと簡単です。

2.水洗いします。

ギョウジャニンニク3.jpg

ギョウジャニンニク4.jpg

特に葉と茎が重なる部分にはゴミが溜まっていることが多いので、丁寧に洗います。


ギョウジャニンニク5.jpg

茎の表面にある、赤い部分をこそげ落とします。この時、アルミホイルを丸めてクシャクシャにし、再び広げたもので擦ると、簡単に落とせます。

ギョウジャニンニク6.jpg

きれいになりますたw


3.軽く湯通しします。

ギョウジャニンニク7.jpg

ギョウジャニンニク8.jpg

塩を一つまみ入れた熱湯に太い部分から順に入れ、軽く湯通しします。葉の部分などは10秒以下でOK。太い茎の部分でも20秒程度。


4.冷水に取り、水気を絞ります。

ギョウジャニンニク9.jpg

ギョウジャニンニク10.jpg

湯通ししたら直ぐに冷水に取り、流水の中で10〜20秒程度さらしたら、水気を絞ります。太い茎の方は軽くやって下さい。でないと、形が崩れます。


5.漬け汁に漬け込みます。

ギョウジャニンニク11.jpg

漬け汁のレシピは以下の通りです。画像の様に、厚手のポリ袋を利用すると便利。葉と茎とでは漬かり具合が違ってくるので、別々の袋で漬け込みます。尚、漬け込みから冷蔵庫で保管して下さい。


◎漬け汁のレシピ

・醤油(昆布醤油):200ml※
・本みりん又はみりん風調味料:200ml
・日本酒:100ml(煮きり)
・米酢:100ml
・本だし(かつお風調味料):適量
・砂糖:小さじ1〜3(好みで増減)
・鷹の爪:1本(適量)

※普通の醤油でも可。その際は、だし昆布を5〜6cmに切って入れる。

◎手順

1.日本酒を鍋で煮きる。火を止めたら、そこに本だしと砂糖を投下。
2.みりん投下。
3.醤油を投下。
4.米酢を投下。
5.鷹の爪は種を取り出し、刻んで投下。



漬け込んでから、葉は3日後、茎は7日後くらいから食べられます。汁気を軽く絞り、適当な大きさに切って召し上がれ。

ギョウジャニンニク12.jpg

酒のつまみによし、ご飯のおかずによし。細かく刻んでお茶漬けや、そうめんの薬味にもよし。ただし、翌日はかなりニンニク臭くなるので覚悟して下さい。

尚、漬け汁に漬けたまま冷蔵庫で保管すれば、一年程度は持ちます。しかし、漬かり過ぎて味が濃くなるので、長期保存の際は小分けして冷凍しておいた方が良いと思います。また、この漬け汁でニンニクの芽などを漬け込んでも美味しいですよ。


明日は味噌漬けのレシピを御紹介w



本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5


posted by 隊長 at 22:02| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
隊長!
ギョウジャニンニクが手に入りません!(´>ω<`)

炒飯にしても美味しそう。
Posted by 播磨屋 at 2008年06月17日 23:26
>隊長!
>ギョウジャニンニクが手に入りません!(´>ω<`)


だいぢゃぶ!

播磨屋殿、帰国したらいくらでも送りますだよ。

ただし、一緒に履き古した隊長のTバックと共に!


隊長へ

再び取り上げてもらいありがとうございます。(^o^)

上記のとおりになってますんでビンテージモノを送ってやってくんなまし。(俺にぢゃ無く、播磨屋殿へ)
Posted by よたろう at 2008年06月18日 04:48
播磨屋さん
よたろうどん

そういうわけですので、播磨屋さんが帰国の折には、私の履き古したTバックと一緒に差し上げますw
Posted by 隊長 at 2008年06月18日 22:01
隊長、

乙でつ。
Posted by よたろう at 2008年06月18日 22:10
         _____
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\
    /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;(;:(ヽ;:|ヽ;:i;:::ヽ
    /;:;:;:;:;ノノ;:ノヽ;:ヽ   ソヽ(ヽ;:;:|
    |;:;:;:;:/ ´ ー'" !  ! ::    レ:;:|
    |;:;:;:;L:: ,,.-ニニ'" !i ゙`ニニ-、:: 1;/
    ヽ;:;|  《 ● 》  《 ● 》/ニつニつ‐ニつ
    i'^、ヽ  '''''''''"",,  ""'''''/ // //ィ''´,.‐'つ
    ヾ υ   /  - -' ヽ. | '' '' '' ´,.-'´
     ヽー|  i /ニニニ'ヽ、!ノ  三三 ノー <ひーーーーーーーーーーー
       ヽ、 ヾヽ(∨) r'"_   _,..ー'//
   --―/ ヽ、゙`-ニニニ-(_ノ `Tー-'" ノ
      /  |ヽ` ̄  ̄/|   |ヽ< _ _
    //\| ヾー―ノ |/\」 ヾ`ヽ_
     ̄   /       ヽ     |

Posted by 播磨屋 at 2008年06月18日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。