2008年06月18日

ギョウジャニンニクとヤマウドの味噌漬けレシピ。

傾注!
諸君、ようこそ。

ギョウジャニンニクの醤油漬けレシピ。から続きます。

1.ポリ袋にギョウジャニンニクを入れます。

ギョウジャニンニク13.jpg

ギョウジャニンニクは下処理をした茎の部分を使います。味噌漬けの場合は生でOK。勿論、湯通しした方が早く漬かりますが、食感は柔らかくなります。好みで選択して下さい。


2.味噌を入れます。

ギョウジャニンニク14.jpg

ギョウジャニンニク15.jpg

味噌を入れたら、袋の空気を抜いて口を縛り、よく揉み込んでおきます。冷暗所又は冷蔵庫で保管しますが、ギョウジャニンニクから水分が出てきますから、時々取り出してよく揉んで下さい。冷暗所で一週間、冷蔵庫で10日後くらいから食べられます。尚、漬かった後の保管は冷蔵庫で。

使用する味噌は好みの物で構いませんが、そのまま使うと塩辛くなりがちです。そこで、みりんや砂糖などを加えて調整します。

◎漬込み用味噌のレシピ

・味噌(好みの物)
・みりん又はみりん風調味料
・砂糖
・酒
・本だし(かつお風調味料)

上記を適量混合し、好みの味にして下さい。


ギョウジャニンニク16.jpg

漬かったら適宜取り出し、味噌を軽く洗い流して水気を取り、適当に切って食べます。(゜Д゜)ウマー


尚、同じやり方でヤマウドを漬けても美味。

ヤマウドは、太い茎の部分だけを使用します。よく洗ったら水気を丁寧に拭き取り、皮は剥かずにそのまま漬け込んで下さい。後はギョウジャニンニクと同じ。

ヤマウド1.jpg

ヤマウド2.jpg

味噌を軽く洗い流したら、水気を取って適当に刻みます。香りと歯応えが抜群ですよ。


そうそう、残った味噌は捨てずに利用します。回鍋肉などの味付けや、豚肉を漬け込んで(必ず冷蔵庫で)豚の味噌焼きなどに。また、この味噌にニンジンやセロリ等を漬け込んでも美味しいです。お試しあれ。



posted by 隊長 at 21:27| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう寝ないとヤバイのですが
一連の画像を見ると使っている物件は二度目の弾着ですな。(ウマソー!)
来年はウドはベストな物を献上出来るように精進しまつ。

本日こちらは朝は10°で日中いきなり28°までグングンと上がり現場もとんでも無い場所で喉乾いて死ぬかと思いますた。
Posted by よたろう at 2008年06月18日 22:21
そろそろ山菜の季節も終わりですかねぇ。(´・ω・`)
こっちはどの州に行っても
『お勧め料理は?』
『ステーキ』orz
沿岸部は
『シーフード』(´・ω・`)
Posted by 播磨屋 at 2008年06月18日 23:02
よたろう殿
>一連の画像を見ると使っている物件は二度目の弾着ですな。(ウマソー!)

いやいや、実に美味いです。ありがとう。


播磨屋さん
>こっちはどの州に行っても
『お勧め料理は?』
『ステーキ』orz
沿岸部は
『シーフード』(´・ω・`)

そうだよなあw
Posted by 隊長 at 2008年06月20日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。