2008年06月22日

大紀元のバックは法輪功とCIAですw

傾注!
諸君、ようこそ。

大紀元時報から。

中国福州:正体不明の水中生物出現

m24054.jpg

m10474.jpg

【大紀元日本6月21日】中国福建省福州市の海でここ数日間、クラゲのような謎の生物が出現している。体重は約数十キロ、海にいるときは灰色だが、陸に上げられると透明になりゼラチン状になっている。数日経つと、全部のり状に溶けてしまう。生物学者も正体を知らないという。

中国国内紙「海峡都市報」によると、釣り人がこの水中の怪物を吊り上げたという。円形状で長さ約0.5メートル、灰色の表面には小さな粒々が満ちていた。よく見てみると、底にはたくさんの『ひげ』があり、水中で浮遊している。クラゲには似ている。

報道によると、この生物が陸に上げられるとすぐにバラバラになり、上半分は透明のゼラチン状で、下半分には、毛細血管のように血が滲んでいる。現地の住民の話によれば、この生物の成長は非常に早いが、自らは泳げないようで、ただ水の流れに浮遊しているだけという。

2008.6.21

はぁ?ただのオオマリコケムシじゃねーか、コレw

中国にも立派な学者は沢山いるだろうし、直ぐに正体はわかってると思うんですが…。

やっぱアレかな。大紀元としては、こういうネタを環境汚染とかに結びつけて、中国共産党のイメージダウンを狙ってるのか?w

皆さんもご存知の通り、大紀元のバックは法輪功とCIAです。「法輪功は組織化されていない、個人が自由に参加できる気功集団、単なる健康法」とか何とか言ってますが、組織化もされていないのなら、どうして大紀元なんかでプロパガンダが出来るんでしょ?w 資金だって、どこから出てるの?w 冷静な脳味噌があれば、ちょっと考えただけでも、こんな疑問が湧いてくるでしょう。

私はこの件で中国の肩を持つ気はありませんし、中国共産党の行っている弾圧に、眉をひそめる部分が無いとも言いません。しかし、ちょっと考えて見て下さい。そもそも無害なものをわざわざ弾圧して、国際世論の反発をかう必要性こそ無いわけで、要するにこうした事象の裏側には、何らかの政治的意図が隠されていると考えるのが普通です。マスコミの報道を鵜呑みにして、中国共産党だけが悪であるかの様な、一方的なモノの見方は危険極まりないですね。

ところで、この記事。中日新聞から。

「母返して」中国出身女性訴え 25日に人権聖火リレー

愛知県に住む中国出身の女性が「中国の母が公安当局に拘束されたまま今も家に帰らない」と、名古屋市で25日にある「人権聖火リレー」に参加、窮状を訴えることになった。

母の拘束は中国政府が活動を禁じている気功集団「法輪功」のビラを旅行先で配ったためで、中国の実家には当局関係者が訪れ、家族を通じて「北京五輪前なので、日本でもおとなしくしていろ」とくぎを刺されたと話している。

拘束を知ったのは5月。女性が中国の実家に電話したところ、いつもの母ではなく、父が受話器を取った。「お母さんはどこ」と聞くと、答えを渋った。問い詰めると、絞り出すような声で「旅先で法輪功のビラを配って地元の人に通報され、連れて行かれた」と明かした。

母親は現地で1週間ほど拘束された後、故郷の郊外にある「法輪功をやめさせる教育施設」に移された。家には帰ってこない。

その後、実家を当局関係者が複数回訪問。日本に住む女性の住所を聞き出し、写真も提出させた。

女性は匿名を条件に取材に応じ「怖くて、職業や詳しい住所は明かせない」と重い口を開いた。

中国政府は五輪を控え、チベットと新疆(しんきょう)ウイグル自治区の分離・独立派、そして非合法化している法輪功への警戒を強めている。

女性は「法輪功は、気功や道徳を通じた、ただの健康法。母も朝、公園に出掛けてやっていただけ。宗教ではない。政府は国内外の愛好者数が共産党員の数よりも多いという理由で一方的に弾圧し、間違った情報が流されている」と話す。

人権聖火リレーは、五輪聖火を模し、世界30カ国以上がルートになる。法輪功の中国政府の取り締まり実態を調査告発している国際組織などが主催している。

名古屋では、チベット問題への抗議デモを4月に催した市民グループが共催。午後5時半に中区の若宮広場に集まり、有志らがトーチを手に久屋大通など繁華街を巡る。

主催者は20日に愛知県庁で会見。「本物の聖火リレーには世界各地で抗議が起きた。こちらが人権を守る真のリレー」と訴えた。

2008年6月21日

「法輪功は、気功や道徳を通じた、ただの健康法。母も朝、公園に出掛けてやっていただけ。宗教ではない。政府は国内外の愛好者数が共産党員の数よりも多いという理由で一方的に弾圧し、間違った情報が流されている」

はいはい、だからね、ただの健康法に過ぎないなら、中共が弾圧する理由は無いんですよ。え? 「国内外の愛好者数が共産党員の数よりも多いという理由」だって?わははw 説得力がありませんなw

中共にしてみれば、体制を脅かす存在と認識しているからこそ、弾圧するわけで。法輪功が組織的でなく、何ら政治的意図も無い健康法に過ぎないなら、愛好者がいくら多くても弾圧する必要が無いっての。

そもそも、政府の弾圧を受けたり、死の危険を冒してまでこだわる健康法ってのが不思議じゃありませんか?w

そんなの逆に、凄く健康に悪いと思うんですが…? 

ですから、それをやってる時点で、もはやカルトだと思いますがねえ。統一協会なんかと似たようなもんじゃありませんかね?w

尚、日本国内における法輪功の一大拠点は愛知県、次が福岡県です。ですから、ニュースにある「愛知県に住む中国出身の女性」ってのは、如何にも、という感じですな。

ちなみに、日本人で法輪功を支援している人達も結構いるんですが、その多くは日本に帰化した中国人だったりするので要注意w

まあ、中共側も似た様なもので、日本国内にいる諜報員はうわなにするやめくぁwせdrftgyふじこlp;@




本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆☆☆7
posted by 隊長 at 22:22| Comment(5) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまりは目糞と鼻糞の小競り合いですな、高みの見物に限ると。
ホント宗教かぶれってのはロクでもありませんなぁ、共産主義も含めて。
そもそも宗教ってのは自身を救うために存在価値があるのであって、宗教に尽くしていたら本末転倒としかいいようがありません。
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2008年06月23日 19:49
>そんなの逆に、凄く健康に悪いと思うんですが…? 

政治的活動をしないと健康が保てなくなってるんですよ、きっと
Posted by キム at 2008年06月23日 20:22
ホッポンフェイカー・四等兵殿
>ホント宗教かぶれってのはロクでもありませんなぁ、共産主義も含めて。

まあ、共産主義というのもカルト宗教だわな。特に日本共産党を見てるとそう思う。

キムどん
>政治的活動をしないと健康が保てなくなってるんですよ、きっと

ひでえw
Posted by 隊長 at 2008年06月23日 21:10
>死の危険を冒してまでこだわる健康法

健康の為なら死んでもかまわないってやつですね。(´・ω・`)
Posted by 播磨屋 at 2008年06月24日 00:09
信教の自由ぐらい我が党も認めているネ
収容所?
これは科学的無神論を普及させようとしているだけアルネ、
だって思想の自由だろ(ソ連共産党的口上

大陸では宗教もアヘンも必需では?

まんが世界史だとアヘン取締り特命大臣の林さんが大層かっこよく、かつ悲劇でちうごく贔屓な感じだが・・・
英国兵に清朝軍は火力では実は大して差がなく、機動力と
白兵戦遂行能力で負けたんじゃないか?

という説がありますが、凶産主義でも宗教でも現役で必需品じゃあないですかね。
銃剣きらめかせてウラーさせるにゃヤクがいるというか・・・
Posted by 書記僧 at 2008年06月24日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。