2005年12月09日

再び、軍の飯。

傾注!
諸君、ようこそ。

久し振りに食い物ネタ。

部隊での飯を少しばかり御紹介します。以前のエントリ、モンゴル軍の飯。も御参照下さい。

軍食1.jpg
キャベツとモンゴル産ハムのサラダ。モンゴルと言うと、羊の肉ばかり食べているイメージがあるかも知れませんが、野菜だって豊富です。日本のサラダと違い、きちんと味付けをして揉み混み、しんなりさせた本格派。手間がかかってます。

軍食2.jpg
バンシのサワークリームソースかけ。バンシは水餃子みたいなもの。口に入れると、アツアツのスープが飛び出してきます。メチャうまです。うう、腹減ってきたw

軍食3.jpg
出ました、モンゴル巻寿司!w これはコック長であるニャマさんのオリジナル料理。巻いてあるのはモンゴル産のハムとキュウリ。いや、美味しいのよ。添えてあるのはニンジンとキャベツのサラダ。

軍食4.jpg
えーと。これ、なんて言えばいいのかな。やはり、ニャマさんのオリジナル料理なんですが。牛肉のミンチを薄く伸ばして蒸し、シート状にしたもので、ライスと野菜を巻いてあるんですね。それにパプリカとピクルスの入った、ピリ辛のトマトソースをかけてあります。いやいや、手間がかかってますなあ。もちろん、メチャうま。添え物はマッシュルームをソテーした物と、ピクルス。


軍隊だとねえ、やっぱり食べるのは最大の楽しみなんですよ。旨い飯が食えるのは、本当にありがたいことです。ニャマさんを始め、給食スタッフに感謝、感謝。


本日の鍛練度:☆☆☆☆☆☆6


posted by 隊長 at 21:49| Comment(8) | TrackBack(0) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍隊での食事って
全く想像出来ませんが
私の食事より遥かに充実してそう。
私も高校生なら
防大目指して、海上自衛隊に入りたかったです。

隊長様の所属とは全然違うみたいですけど。
Posted by 帽子 at 2005年12月10日 01:02
元に戻りつつあるので久々にコメント。

>サラダ
調味料(主にドレッシングとかマヨネーズ)を揉み込んで混ぜ合わせてしんなりさせる製法って、ロシアの製法(「豊かな台地の家庭の味 ロシア料理(萩野恭子著)」の中でもサラダはほとんどこの調理法だったとか)なのだろうかな?とはいえ、おいちいものはおいちい。

>旨い飯が食えるのは、本当にありがたいことです。ニャマさんを始め、給食スタッフに感謝、感謝。

これですよ、これ。軍隊にしても仕事にしても色々な支えがあってこそ機能するものです。兵器にしても使うものとメンテナンスをするもの、作るものなどが存在してこそ兵器としてきっちり動かす事が出来る。兵士にしても「腹が減っては戦は出来ぬ」といいますからなぁ。軍事を学ぼうとするならここらまでも考えねば・・・ぁぅぅ。

拙い表現ですた、スマソorz

>モンゴル巻き寿司
まさか、隊長が直々に伝授したのでつか?w

追伸・ここに時々でてくるノブオビッチ将軍(斎木伸生氏)って、確か「戦闘糧食の三ツ星を探せ!(光人社刊)」でラトビア軍のレーションを提供した方でしたっけ?
Posted by Robroy at 2005年12月10日 18:30
メシネタ キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

いつも美味そうな写真をありがとうございます。
しかし手間が掛かってますね〜

ちなみにコレって士官食堂ですか?
一般兵がこのレヴェルの食事を提供されているとしたら、自衛隊員が鬱に・・・


所でモンゴルハムってあまり馴染みが無いのですが、金華ハムみたいなものでしょうか?
Posted by M at 2005年12月11日 09:51
嫁さんは乗馬体験したい言うとるんですが、素人が乗れるもんですかね。

ただ乗馬はたしかタバントルゴイでしたね。あそこに嫁さん泊めるのはちょっと考えちゃうんですが。


レーションを提供したのは私です。ただ私もよく覚えてないのですが、リトアニア軍だったのではないでしょうか。
Posted by ノブオビッチ at 2005年12月11日 16:45
帽子さん
モンゴル軍は、いいもの食べてると思いますよ。日本の自衛隊はちょっと負けてますね。昔に比べれば、随分と良くなったと思いますが。もう少し、自衛官にいいもの喰わせてやってもバチはあたらんと思いますがねえ。

Robroy殿
>元に戻りつつあるので久々にコメント。

祭りが終わって、少し寂しい気も致しますw

>調味料(主にドレッシングとかマヨネーズ)を揉み込んで混ぜ合わせてしんなりさせる製法って、ロシアの製法(「豊かな台地の家庭の味 ロシア料理(萩野恭子著)」の中でもサラダはほとんどこの調理法だったとか)なのだろうかな?

たぶん、ロシア流にやってるんでしょうな。しかし、欧州でサラダといえば、こういうのがサラダだと思いますが…。

>>モンゴル巻き寿司
>まさか、隊長が直々に伝授したのでつか?w

いや、ウランバートルにも和食レストランとかありますし、寿司もメニューにありますからね。

>ここに時々でてくるノブオビッチ将軍(斎木伸生氏)って、

御本人からレスがw

M殿
>ちなみにコレって士官食堂ですか?

士官食堂での画像ですが、メニューは一般兵卒でも同じものですよ。飯に差をつけると、士気に影響しますのでw ちなみに、この士官食堂へ入れるのは基本的に佐官クラス以上。隣の大食堂では、尉官クラス以下が食事をとってます。サラとゾーラは尉官ですが、私のお付と言う事や、ゲストのお世話や通訳等の任務があるので、特別に士官食堂で食事をとる事が多いです。

>モンゴルハム
モンゴル産のハムを、私がそう呼んでいるだけですw モンゴルのハムやソーセージはとても美味しいですよ。

ノブオビッチ将軍
>嫁さんは乗馬体験したい言うとるんですが、素人が乗れるもんですかね。

大丈夫、インストラクターを付けますから問題ありません。タバントロゴイでなくても乗れますよ。ウランバートル近郊でも桶です、おまかせを。
Posted by 隊長 at 2005年12月11日 21:32
ノブオビッチ将軍(斎木伸生氏)様
わざわざお返事いただき、有難き幸せであります。著書も数冊か購読しております。
・・・ってミーハーなこと言ってもいいのかなぁ?orz
ともあれ、宜しくであります。
拙い文章、失礼しますた。
Posted by Robroy at 2005年12月12日 10:17
はじめまして。ネコ七と申します。
モンゴル産のハムと聞いて黙っていられなくなり脇から失礼します。

モンゴル産のハムおいしいですよね!
私は脂身が苦手なので病人向けハム(?)とかいうのがお気に入りです。黒パンにハーブ入りバターを塗って、軽く焼いたこのハムを乗せてむしゃむしゃと食べるとこれがもううまくてうまくて。ああモンゴル行きたいです。
Posted by ネコ七 at 2005年12月14日 00:26
ネコ七さん
はじめまして、ようこそ。
ネコ七さんはモンゴルへ旅行された事がお有りなのですね。

>病人向けハム
モンゴルのハム・ソーセージは脂身が多いです。そうでないと売れないのですね。病人向けハムと言うのはちょっと聞いた事がないのですが、私も比較的脂身の少ないのを買う事が多いです。モンゴルではあまり焼いたりせず、そのままスライスして食べる事が多いのですが、私は焼いてピクルスと一緒にパンに挟んで食べるのが好きです。そうそう、モンゴルのピクルスも美味しいですよ。
Posted by 隊長 at 2005年12月14日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。