2005年12月22日

口が二つあるニジマス!

傾注!
諸君、ようこそ。

livedoorニュースから。

口が2つあるニジマス、釣り上げられる=米ネブラスカ州

ef61beb412254d4bf4-m.jpg

AP通信によると、米ネブラスカ州のホームズ湖で17日、口が2つあるニジマスが釣り上げられ、話題となっている。

このニジマスを釣り上げたのは、クラレンス・オルバーディングさん(57)。「いつもどおり糸の先に手を伸ばし、魚をつかんで針をはずそうとしたんだ。すると、なんと針がささった口の下に、もう1つの顎が突き出ているんだ」と、その時の驚きを語る。「40年釣りをしてるけど、こんな魚を見たのは初めてさ」。

同州狩猟公園委員会の漁業部長、ドン・ゲーベルハウス氏も、2つの口の魚は初めて見たとした上で、「おそらく突然変異によるもの」と指摘した。

オルバーディングさんは、約450グラムの珍しい魚をどうするかについては、「燻製にして、食べちゃうよ」と語った。

キモチワルイ。

私もルアーで釣りをやるんですが(主にマス族)、こんなのが釣れたら嫌ですなあ。

しかし、このおっさん。喰うなよ!w

珍しいんだから、標本にでもして何処かへ寄贈しろってw


posted by 隊長 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バイオマス

きっと黄禹錫教授がES細胞からつくったんですねw
Posted by klaus at 2005年12月22日 21:35
klausさん
はじめまして、ようこそ。

>バイオマス
きっと黄禹錫教授がES細胞からつくったんですねw

上手い!w しかし、奴ならホンタク用のエイをつくるのではないでしょうかw
Posted by 隊長 at 2005年12月22日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。