2008年11月13日

猫だと思ったら「ユキヒョウ」でしたw

傾注!
諸君、ようこそ。

Record Chinaから。

猫として飼われていた国家級保護動物とは…―新疆ウイグル自治区

ユキヒョウ.bmp

2008年11月12日、亜心網によると、新疆ウイグル自治区の牧畜民が、草原で2匹の“子猫”を拾い飼っていたが、成長するとまるで豹のような姿に…専門家の鑑定で国家1級保護動物の「ユキヒョウ(雪豹)」と判明した。

ユキヒョウと知らずに“猫”を飼っていたのは、伊寧県郊外の村に住み牧畜業を営む張(ジャン)さん。今年5月、張さんは放牧をしている際に拾った“子猫”2匹を連れて帰り、家でペットとして飼っていた。ところが、成長するにつれて“猫”はみるみる大きくなり、まるで豹のような姿に。「これは猫ではないのではないか」とは思ったものの、ユキヒョウを見たこともなく、何となく変だと思うばかりだった。

ところがある日、張さんの飼っている羊が“猫”に喰い殺されるという事件が起き、さすがに張さんも「おかしい」「猫ではなく、やはり豹なのでは」と思い、専門家に鑑定してもらったところ、国が1級保護動物に指定しているユキヒョウであることが判明。現在、体重は15kgほどで、毎日4〜5kgの肉を与えているが、「エサ代だけでもかなりの負担で、もう飼い続けられない」と話しているという。

しかし、ユキヒョウは保護動物にも指定されるほど貴重な動物。売るわけにも、捨てるわけにもいかないため、現在もこの2頭を飼い続けているが、ほとほと困り果てているという。

2008-11-13

(;´д`)ハァハァ もふもふしたい…

しかしまあ、もっと早く気付けよw 


posted by 隊長 at 21:02| Comment(6) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保護動物なんだから動物園とかで引き取ってもらえば良いのに
Posted by ミニクーパー at 2008年11月13日 22:25
ユキヒョウ

まさに「猫神」様です〜
うわあ…ヒマラヤやテンシャン山脈の山岳地域に生息していて、多元に人前に姿を現さないので神の化身と崇められているんですよね…。

飼っているのはうらやましいけど、もう少し大きくなって、じゃれあっていている時に「猫パンチ」されたら…マジでただじゃすみません(怖汗)
Posted by 町田の隣 at 2008年11月14日 00:13
おとなしくだっこされてる画像ギガカワユスwww
この飼い主さん、エサの肉はどこから調達してるんでしょうか。

そういえば、以前深夜のラジオの投稿ネタで、こんなのがありました。
あるとき親父が山から真っ黒な子犬を拾ってきてしばらく飼っていたら、なんか犬とは感じが違うので獣医に見せたところツキノワグマの子と判明。
動物園にドナドナされた。

手とか尻尾とか犬とは全然違うだろうに。ww
Posted by snowman at 2008年11月14日 00:38
餌くれる人はちゃんとわかってておとなしくだっこされるのですねぇ。(*・ω・*)
多分もう野生には帰れないと思うから動物園で引き取ってもらうのがベストだとは思いますが。。。
Posted by 播磨屋 at 2008年11月14日 12:21
2chであったこんなレス。
こう考えればかっこいい……はず。

>78 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 16:15:09 ID:+uyH2nVM0
>子猫かと思ったらキラーパンサーでした、みたいなものか
Posted by バカの手先二等 at 2008年11月15日 08:46
皆様

保護されることになったようですね。一安心w

http://a-odagiri.seesaa.net/article/109764419.html
Posted by 隊長 at 2008年11月16日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。