2006年01月11日

モンゴルの冬。(続き)

傾注!
諸君、ようこそ。

モンゴルの冬。の続き。

以前のエントリ、冬のモンゴルで遭難。でも書いたのですが、冬のモンゴルを舐めちゃいけません。ウランバートルやその周辺ならまだ良いのですが、地方へ迂闊に出てしまうと、とんでもない事になる場合も。で、3月のある日、地方の軍営地へ向かっていたと思って下さい。この時は民間の技術者達を連れて行くと言う事で、彼等の車に同乗させて貰っていたのです。出発した時、ウランバートルは晴天。気温も−15℃程度で暖かかったのですが…。

遭難1.jpg

お昼を過ぎた頃から急にブリザードに襲われます。雪原の轍はすっかり消え、完全なホワイトアウト状態w その内、雪溜りに突っ込んでしまいます。必死に脱出を試みるも、100mも進まない内にまた雪溜りに…。軍用車両ではないので無線が使えません。携帯電話?通じるわけないっすw 

遭難2.jpg

そこへ軍の車両、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!

演習に出ていた1個中隊が偶然通りかかったのであります。いよっ!て感じの少佐。この時はまさに、地獄に仏でありました。

遭難3.jpg

早速、救出活動が始まります。いやいや、こういう時、軍隊というのは頼もしいですな。

遭難4.jpg

よっしゃー!なんとか脱出!しかしこのブリザードは凄いですよ。気温は−20〜25℃程度なので大した事はないのですが、風速が20m以上あるので体感温度がねえ。しかも、慣れてない人間は風に流されて、どんどんあさっての方向へw 実は、この日のブリザードは凄まじかったのです。通りかかった中隊も原隊へ復帰する事が出来ず、途中で引き返して来た位ですから。まあ、そのお陰で助かったので、複雑な心境でしたな。

遭難5.jpg

ウランバートルへ引き返す途中の画像。ここまで来るとブリザードはすっかりおさまり、良い天気になりました。車両には兵士達がぎっしり詰まっております。これ、モンゴル流。スニッカーズみたいですよw(兵士ぎっしり、確かな満足w)

遭難6.jpg

さて、ウランバートルへ帰ってみれば…。平穏ですな、マッタクw


本日の鍛練度:☆☆☆☆☆☆6


posted by 隊長 at 23:14| Comment(3) | TrackBack(0) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>兵士ぎっしり、確かな満足
もう爆笑! どんな満足感なんだかw
Posted by ミニクーパー at 2006年01月12日 10:43
>もう爆笑! どんな満足感なんだかw

ウホッ?
Posted by ボーディサットヴァー・カツシコ at 2006年01月12日 18:50
ミニクーパーさん
>どんな満足感なんだかw

男臭い事、この上ないのであります。身動き出来ない位詰め込みますから。その方面の方は大満足でしょうなw

ボーディサットヴァー・カツシコ殿
>ウホッ?

やらないか?w(お約束)
Posted by 隊長 at 2006年01月12日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。