2006年01月12日

安定しないなあ。

傾注!
諸君、ようこそ。

Yahoo!ニュースから。

<モンゴル>首相の支持者ら政府庁舎に乱入 ウランバートル

【北京・飯田和郎】連立政権崩壊の危機に直面するモンゴルで12日、エルベグドルジ首相の出身政党、民主党の支持者ら約1500人が、ウランバートル中心部の最大政党、人民革命党本部に乱入し、同党の政権離脱に抗議した。支持者らは近くの政府庁舎にも押しかけた。現地からの情報では、けが人はいない模様だが、緊張した雰囲気に包まれているという。

人民革命党は11日、4党で構成する連立政権から離脱を宣言し、閣僚18人のうち同党の10人が辞職するとともに、同首相の辞任を要求。反発した民主党支持者ら数千人が12日、政府庁舎前広場で抗議集会を開いていた。

人民革命党は政権離脱の理由として「エルベグドルジ首相の運営能力の低さ」を挙げたが、関係筋によると、首相が進める同党議員への腐敗追及などで、政権内で亀裂が深まっていたという。

(毎日新聞) - 1月12日20時23分更新

ええと、多くの日本人はモンゴルの政情をよく御存じないと思うので、サッと読んだだけでは何やらわからないと思います。

モンゴルは今、4党(人民革命党、民主党、共和党、祖国党)での連立政権なのですが、その中で最大の人民革命党が連立から離脱を宣言。同時に、エルベグドルジ首相(民主党)の辞任を要求したと。

それに反発した民主党の支持者が人民革命党本部に乱入、抗議したわけですな。

で、人民革命党は政権離脱の理由として「エルベグドルジ首相の運営能力の低さ」を挙げてるんですが、実はエルベグドルジ首相から汚職の追求を受けまくっていた人民革命党の議員達が、逆ギレしたのが真相と。

そんな感じかな。

実際、人民革命党の議員達の汚職は凄まじいものがありますからねえ。まあ、議員ばかりじゃありませんが。

ちなみに、現大統領のエンフバヤル氏は人民革命党の元党首。

さて、これからどうなるやら。また、面倒な事になりそうだなあ。

本日の鍛練度:☆☆☆☆☆5


posted by 隊長 at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむ、サクッと削除されてるようですが
せっかく自由な時間が出来たなら
エロゲでもされては如何ですかな?
Posted by キックトーン・3Kバッテリー at 2006年01月13日 17:38
 わざわざ業者書き込み見にいったんかいw。
トラバに続いてスパムコメントたぁ、業者もアホだねぇ。おっとろしい相手に喧嘩売ってるとも知らんとw。
Posted by 獅子鷲 at 2006年01月13日 18:02
エロ業者の書き込みやTBは困りもんですなw

あまりしつこい奴は、虐め倒してやろうかと思うこの頃。いつぞやのエロ業者「アライ」君みたいに、電話他の個人情報を晒してやるのも面白いかもな。
Posted by 隊長 at 2006年01月13日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。