2009年05月16日

中国が戦闘型無人機をパクリ?

傾注!
諸君、ようこそ。

Record Chinaから。

中国が新型の戦闘型無人機を開発中、既にパキスタンに技術提供か―米誌

2009年5月14日、環球時報によると、米国の中国軍事専門家のリチャード・フィッシャー氏が、11日発行の米軍事週刊誌で、中国は新型の戦闘型無人機の開発を進めていると述べた。開発中の新型機は、米国の無人ステルス戦闘機「X-47B」にも匹敵する性能をもつという。将来、中国の新型無人ステルス戦闘機が、遠隔操作機能、監視機能、偵察機能と攻撃能力を備えた総合無人戦略機として、パキスタンなど諸国に安価で供給される可能性もあると指摘している。

同誌によると、近年米国はアフガンとパキスタンの国境付近に無人機「プレデター(Predator)」を配備しているが、パキスタン空軍及び技術・科学国家委員(National Engineering and Scientific:NESCOM)も現在、同機に類似した戦闘型無人機「バラク(Burraq UAV)」を開発、飛行テストを行っているとの情報もあるという。

パキスタン国内メディアによると、同国は中国の援助のもと戦闘型無人機を開発しているが、旧型のアップグレードが中心で、まだ、体積を大きくし、ミサイルの発射場所から標的までを定義するターゲットデジグネータ(標的指示装置)を装備する段階までには至っていないという。

パキスタンは現在、無人機の開発において中国の援助を必要としており、あるいはすでに援助が始まっている可能性もあると同誌は指摘している。

2009-05-16

コレ、イスラエルからリークした技術データが利用されていると思われ。

パクリでは本家を超えるものは出来ないでしょうが、そこそこの性能で安価なものを造って輸出するつもりでしょうか。性能がイマイチでも、数が揃えばそれなりの戦力にはなりますからね。

そう言えば、ヤマハからも技術漏洩してたよなあ…。シナー恐るべしw



posted by 隊長 at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうですね。

× 米国の無人ステルス戦闘機「X-47B」にも匹敵する性能をもつという。

○ 米国の無人ステルス戦闘機「X-47B」をパクtったという。
Posted by 播磨屋 at 2009年05月18日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。