2009年05月16日

無防備マンが行く!w

傾注!
諸君、ようこそ。

毎日新聞から。

平和条例:立川の市民団体、制定へ署名簿を提出へ /東京

立川市の市民団体「平和な町条例を作る立川市民の会」(白崎順子代表)は13日、「平和・無防備地域条例」を制定する直接請求の署名簿を市選管に提出すると発表した。戦争に協力しないことを宣言する内容で、3079人の署名を集めた。条例案の提案に必要な有権者の50分の1(2872人)を上回っているとしている。

条例案によると、平和なまちづくりの基本原則を定めることが条例の目的で、市は軍事施設の撤去や廃止を進めるよう努めると明記。紛争時にはジュネーブ条約上、武力攻撃が禁止される「無防備地域宣言」を行うと規定している。

同会は「戦前の立川には多くの軍事施設が置かれ、空爆の被害に遭った。この悲しみを繰り返してはならない」としている。

2009年5月14日

↓このコラを送りつけてやりたいw

miboubicora007.jpg



本日の鍛錬度:☆☆☆3


posted by 隊長 at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>武力攻撃が禁止される
攻撃が禁止されるだけで、侵攻と占領は禁止されてない気が・・・

ちなみに、自分が侵攻する軍だとすると
まずは無防備宣言している土地を占領して、そこを拠点に基地のある所を攻撃します。
(無防備宣言都市は攻撃しちゃいけないのなら、そこにいれば安全なんだし。)
Posted by ミニクーパー at 2009年05月16日 23:58
>紛争時にはジュネーブ条約上、武力攻撃が禁止される「無防備地域宣言」を行うと規定している。

無防備地域宣言しても攻撃される時は攻撃されます。第二次大戦時にはそういう例が幾つかありますし。
Posted by 月読 at 2009年05月17日 09:30
つまり無防備地域を宣言していれば軍事施設が無いわけで、
侵攻しやすいことをアピールしているんですね、わかります><
Posted by shin at 2009年05月17日 11:03
皆様

そもそも、無防備都市宣言は平時に行うことが出来ないものです。戦争状態になり、前線が迫った時点でしか出来ない。しかも、空爆や核ミサイルなどによる攻撃は「前線」が迫っている状態ではないので、敵はやり放題。平時から防衛用の兵器を撤去しておいたら、それこそ敵の思う壺。
Posted by 隊長 at 2009年05月17日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。