2009年09月07日

隣家に砲弾を撃ち込んだアホw

傾注!
諸君、ようこそ。

エキサイトニュースから。

米男性、誤って大砲を隣家に撃ち込む

[米ペンシルバニア州ユニオンタウン 4日 AP] 昔の戦争で使用された銃器などを趣味で再現していた歴史ファンの男性が、誤って大砲を撃ってしまい、重さ約2ポンドの砲弾が隣家の壁を突き破る騒動があった。

以前から趣味で19世紀の大砲を再現していたウィリアム・マーザー氏(54)だが、水曜日の午後、400ヤード離れた隣家に直径約2インチの砲弾を誤って撃ち込んでしまい、無謀行為罪・悪質な物損行為・治安紊乱行為の容疑に問われることになった。

砲弾は窓や壁を突き抜け、最終的にクローゼットに着弾したが、幸いなことにけが人は出なかった。

マーザー氏は「申し訳ない。敷地内で発砲するのはもう止めます」と話している。

2009年9月6日

画像があったんですが…

PerezHilton.com から。

cannon94__oPt.jpg

マテ、砲を何処へ向けているwww

リンク先の記事でもボロクソに言われてますw


ニュース動画がこちら。





「申し訳ない。敷地内で発砲するのはもう止めます」

当たり前だ!w



posted by 隊長 at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ、サバゲ中にもよくある事故ですね。
セイフティゾーンで銃の整備中に誤って発射されてしまい、隣の人が所有する実物ホロサイトのレンズをぶち破るとか。

>敷地内で発砲するのはもうやめる
発砲しても方角によっては問題ないくらい広大なんですかね?
Posted by ミニクーパー at 2009年09月08日 19:18
実は隣の家はユダヤの工作員で、マーザー氏はその暗殺を狙ったエージェントだったんだよ!
Posted by 播磨屋 at 2009年09月08日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。