2009年09月08日

お前が言うなw

傾注!
諸君、ようこそ。

レコードチャイナから。

「中国人社員には忠誠期待しない」、外資系が注意すべき点とは?―韓国紙

2009年9月6日、韓国紙・朝鮮日報は「中国の落とし穴」と題した記事で、中国に進出した外資系企業が肝に銘じなければならない点を挙げた。7日付で環球時報が伝えた。

一例として挙げられたのはデンマークから中国に進出した装飾品企業。ある中国人社員を海外研修にまで行かせて大事に育てた挙句、独立されてしまった痛い経験を持つ。教訓として、「中国では社員が突然ライバルになる危険性が高い。社内情報を持ち出されないためにUSBの接続口は密閉するなどの措置が必要」と指摘した。

また、別の米国企業オーナーは「中国では売り掛けでものを売ってはいけない」と嘆く。特に創業間もない会社には必ず現金で支払ってもらうこと。この企業はこれまで複数の中国企業に代金を踏み倒された経験を持つ。商品を受け取ったら最後、請求を全く無視する企業も少なくないという。

中欧国際工商管理学院の外国人教授は「中国で官民癒着はなくならないだろう。だが、出来ればワイロは渡さない方が良い。役人の要求がエスカレートするからだ」と指摘。その上で「嫌がらせを受けたら出来るだけ騒ぐこと。そうすれば中国政府が介入するはず」「中国人社員は常に転職か独立の機会をうかがっていると考えた方が良い」と助言した。

2009-09-08

____     .____     ____
|お前が|     |お前が|     |お前が|
| 言うな|∧∧  .|言うな| ∧∧  .|言うな |∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄∩ ゚Д゚) 〃 ̄ ̄∩ ゚Д゚) 〃 ̄ ̄∩ ゚Д゚) <全員一致でお前が言うな
    ヾ.   )     ヾ.   )      ヾ.   )   \_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                                \
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
|          お前が言うな認定委員会                     |
|                                           |
|                                           |



韓国海軍の連中が海上自衛隊の艦船に乗ると、ブリッジに置いてある書類まで持ち帰ろうとするらしいです。宗主国様に負けていませんねw



posted by 隊長 at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国人てのは仮に時給10円でも高ければ、平気で同業者に転職しちまいますから
まぁこれは節操なしとかではなく、民族性に類する問題なんで、一方的な批判も出来ないんですが
尤も忠誠云々については、タイトル以上のことは言えませんw
そもそもGDP上位15ヶ国とやらで、下朝鮮を上回る国が幾つあるか指摘してほしいモノですwww
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2009年09月08日 23:53
>そもそもGDP上位15ヶ国とやらで、下朝鮮を上回る国が幾つあるか指摘してほしいモノですwww

失礼、「下朝鮮の離国率」としてください orz
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2009年09月08日 23:56
きっと日本かどっかの国の新聞や雑誌が「中国の落とし穴」と題した記事を書いたのをコピペして翻訳したんでは?w

Posted by 播磨屋 at 2009年09月08日 23:59
……あの。その。
「コスト削減」を謳って、話題のチャイナに絶賛進出中のウチの会社のことを考えると、その、本気で笑えないです。

コスト削減は理解出来るけど、カントリーリスクは十分に考慮されてますか、って全社カンファレンスで社長に質問すべきだったかなー、と。

……言ってたら、今は確実に無職だったと思いますがね。うん。
製造業じゃないし、個人情報処理は国内に留めるという時点でそれなりに考えてるとは思うのですが。ががが。
やっぱり、怖いッス。
Posted by 弥八郎 at 2009年09月09日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。