2009年10月16日

当然の判決。

傾注!
諸君、ようこそ。

読売新聞から。

国歌斉唱時に不起立、再雇用不合格で元教員逆転敗訴

東京都立高校の卒業式で、国歌斉唱の際に起立しなかったため、定年後の再雇用選考で不合格にされたのは違法だとして、元都立高教員の申谷(さるや)雄二さん(62)が、都を相手取り、不合格処分の取り消しと損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が15日、東京高裁であった。

原田敏章裁判長は「卒業式での不起立という職務命令違反を軽視することはできず、不合格は裁量権の乱用とはいえない」と述べ、211万円の支払いのみを命じた1審・東京地裁判決を取り消し、請求をすべて退けた。申谷さんは上告する方針。

同種訴訟の原告団によると、国歌斉唱や起立をしなかった教職員の再雇用拒否を巡っては6件の訴訟が起こされ、高裁判決は初めて。1審段階では「適法」と「違法」とで判断が分かれている。

判決によると、都教委は2003年10月、国歌斉唱の際の起立を義務付ける通達を出したが、申谷さんは翌年3月、都立高の卒業式で起立せず、戒告処分を受けた。申谷さんは定年退職の前年の06年10月、都教委に再雇用を申請したが、不合格になった。

1審判決は「起立しなかったのは1回だけで、不合格は不当だ」と判断したが、この日の判決は「処分からさほど時間も経過しておらず、合理性を欠くとはいえない」と指摘。思想・良心の自由を保障した憲法に違反するとの主張についても、「個々の教諭が自己の心情や信念のみに従って行動したのでは、学校教育は成り立たない」と退けた。

2009年10月15日

ざまあw

そんなに国旗や国歌が嫌いなら、教諭をやるなと言う話です。


posted by 隊長 at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正論すぎて何にも言う事ないですね。

そもそも、都教委の通達に違法性がない以上、その通達に違反すれば戒告されるのは当たり前。
どうしてこの手の人種は「九条を守れ」「教育の自由を守れ」と言いながら、遵法意識に欠けるんでしょうかねぇ。
Posted by 月読 at 2009年10月16日 21:50
だから国歌が嫌いなら民族学校へ(ry
この手の連中って説明書も読まずに「欠陥だ!」と騒ぎ立てる連中と、OSが一緒でうざいことこの上ないです
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2009年10月17日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。