2009年10月16日

中国の田舎は凄いw

傾注!
諸君、ようこそ。

サーチナから。

頭のかゆみに農薬を塗り中毒―山東

冷凍ギョウザ事件などで一躍話題となってしまった農薬ジクロルボス。人体に有害なのは明らかだが、ある中国の男性が頭の痒みを止めるためにジクロルボスを塗り、中毒状態で死にかけるという事故を起こした。

山東省青島市に住むこの男性は、半年前に床屋で散髪をしてもらってから頭が痒くなり始めたという。はじめは大したことなかったのだが痒みは日増しにエスカレート。しまいには夜眠れなくなるまでになってしまった。そこで病院で診察してもらったが一向に良くならない。どこの病院でも効果が出ず悩んでいたところ、友人から「それはダニのせいだから、ジクロルボスをかければ治るさ」と言われ半信半疑で頭に塗ってみた。

しかし、かゆみが止まらないどころか呼吸が苦しくなり全身の力が抜け意識が遠のいていった。家族が救急車を呼んで男性は病院に運ばれ、ジクロルボス中毒と診断された。大量の水を飲んで毒を薄め、それを吐き出すことで何とか一命を取り留めたという

中国には知識不足からくる危険な「民間療法」が大量に存在すると思われる。教育の徹底が必要だ

2009/10/16

なんと言っていいやらw まあ、昔の日本でも水虫治療にパラチオン塗って死んだ人がいましたけど。

今でも田舎の方へ行くと、本当にキョンシーの世界だったりするのが中国。教育の徹底って言っても、広いし人口多いし、簡単じゃありませんわね。中国共産党もあきらめてる感が強いですが、もしかして…

いつぞや、中国共産党の幹部と飯喰ってる時のこと。


( `ハ´)「中国は13億の人口を抱えていると言うが、それは間違いアル。」

( ´∀`)「え?」

( `ハ´)「中国に人間は1億人しかいないアル。」

( ´∀`)「…?残りの12億は?」

( `ハ´)「すべて猿アル。」←真顔で言った

( ´∀`)「…。」


つまり、「猿」に教育なんか必要ないということでしょうか?w


ところで。

「大量の水を飲んで毒を薄め、それを吐き出すことで何とか一命を取り留めたという」

経口じゃなくて経皮中毒なのに何故?www つか、硫酸アトロピンとPAMは無いの?




本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆☆6



posted by 隊長 at 21:54| Comment(6) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごめんなさい、どんな顔(ry

>つまり、「猿」に教育なんか必要ないということでしょうか?w
お願いですからお猿さんに国籍与えて海外に出さないで下さい、特に日本に対して…

>経口じゃなくて経皮中毒なのに何故?www 
多分毒が裏返ったんじゃないかと…板垣理論を地でやりかねないお国柄なので
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2009年10月17日 01:51
一方、韓国は酢を使った。
Posted by 春木屋 at 2009年10月18日 12:02
>一方、韓国は酢を使った。

家族が救急車を呼んで男性は病院に運ばれ、慢性火病と診断された。大量の酢を飲んでカプサイシンを薄め、それを吐き出すことで何とか一命を取り留めたという。
Posted by 大本営みずほ at 2009年10月18日 16:10
中国の場合は文革で破壊されていますからね…。
口伝は結構生きているようですが、それそれでいろいろ根と葉が付いてきて、時間が経つと、とんでもないモノになっている時があります。
まあ日本でもナメクジを食うと声がきれいになるとか病気が治るとか言われている所があるけど…ナメクジには致命的な寄生虫がいて食べては絶対ダメ
病気で苦しんでいる人間は藁をもつかむ思いなんでしょう。
怪しげな詐欺まがいの健康食品や薬用クリームに手を出す日本人も多い事を考えると、あまり笑えませんよね…。
Posted by 町田の隣 at 2009年10月18日 23:54
元ソースによると

被害者:司馬懿
友人 :諸葛亮

って名前らしいですよ。
Posted by キック分隊長 at 2009年10月21日 11:59
教育の徹底は日本でもぜひ…
千島学説とか信じてるのってどーなのって思います。
Posted by くれん at 2009年10月23日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。