2009年10月28日

安重根のひ孫さんは立派ですね。ホルホルホル

傾注!
諸君、ようこそ。

安重根のひ孫が来韓
記念式典に出席へ


「あちこちに掲げられている曽祖父の肖像画や手形、イラストなどを目にして、胸が込み上げてくる」

安重根(アン・ジュングン)が伊藤博文を暗殺してから今月で100年を迎えるのに合わせ、安重根のひ孫のトニー・アンさん(46)=韓国名:アン・ボヨン=が来韓した。国家報勲処(国家功労者を礼遇し、軍人・退役軍人の支援事業を行う省庁)が26日、ソウルと中国・ハルビンで同時に開催される「義挙100周年記念式典」に招かれたためだ。安重根の孫に当たる、トニーさんの父アン・ウンホさん(71)は、がんで闘病中のため、今回の来韓を断念した。

米フィラデルフィアで生まれたトニー・アンさんは、米国国籍を有している。現在、米国の電話会社AT&Tに勤務するアンさんは、韓国語がほとんどできない。そんなアンさんは、「祖母や父はたびたび、“お前は愛国烈士の子孫だ”と強調していた。最初は何のことか、よく分からなかったが、周囲の同胞たちや、何人かの米国人が、曽祖父の生涯について詳しく教えてくれた」と語った。

そして、「その後、曽祖父について学ぶようになり、(安重根の)子孫であることに誇りを持つようになった。だが一方で、子孫としてやるべきことが見つからず、責任も感じている。曽祖父の生涯は、たった一人の人間の生涯というレベルを超えていると思う」と話した。現在、アンさんはインターネットの百科事典「ウィキペディア」(英語版)で、安重根についての情報を自ら書き込み、また誤った記述を修正して、安重根の業績を英語圏の人たちに伝える、「民間伝道師」としての役割も果たしている

今回の来韓中にアンさんは、ソウル市中区の「安重根義士記念館」や板門店などを訪問し、27日に米国へ戻る予定だ。

2009/10/26

(;^ω^)…。

立派、立派。良いひ孫さんですよ。胸が込み上げてきます




本日の鍛錬度:☆☆☆3



posted by 隊長 at 22:23| Comment(3) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
曽祖父に似て良い意味でも悪い意味でも真っ直ぐな方なんですね。
戦略眼ゼロですが。

武市瑞山に道具として使われた岡田以蔵も、こんな感じだったのでしょうね。
Posted by SSS at 2009年10月29日 22:05
問題・安重根について一行で説明しなさい。

誤・偉大なる半島を守った愛国烈士
正・朝鮮併合を加速させたうっかり八兵衛
Posted by 春木屋 at 2009年10月29日 22:06
問題・安重根について一行で説明しなさい。

A/犯罪者
Posted by 播磨屋 at 2009年10月31日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。