2010年02月04日

PKMとAKMの内部構造比較。

傾注!
諸君、ようこそ。

以前にも比較画像を紹介したと思うんですが、頭のおかしい人達がいるので再度御紹介。

AKM.1.jpg
      AKM

PKM.1.jpg
      PKM

※画像はクリックで大きくなります


どちらもフィールド・ストリッピングですが、閉鎖機構(ボルトやボルトキャリア、ガスピストン、リコイル・スプリング)の形状はわかりますよね。この程度の画像でも、双方の閉鎖機構に大きな外見上の違いが有る事がお解かり頂けるかと思います。誰だよ、「PKMの閉鎖機構はAKのものを上下逆にしたもので」なんて言った馬鹿は。

ちなみに、AKMの画像を使ってますが、内部構造はAK47と基本的に同じなので。ああ、そうだ。ガスピストンですが、AK47/AKMではボルトキャリアに固定されています。しかし、PKMはピンで固定されており、クニャクニャと動く様になっております。この辺も大きな違いですね。

探せば他にも画像があるんだけど…今、そんなヒマねえってのw



関連:おもちゃ発見!w

    無能な味方は居ない方がマシ。




posted by 隊長 at 22:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PKMのマガジン、手提げ鞄によさげ(´・ω・`)
Posted by 播磨屋 at 2010年02月05日 17:29
むきになってる向こうの人たちもこれで静かになるでしょう。だいたい本物触ったことも撃ったこともないのに、どんな議論が成立するんでしょうかね。

ネットの仮想現実っちゅうやつでしょうか、まさかそんなところで撃った気になってるのですかね。そのうちなんとなくわかった気になっちゃうのかなあ。私なんか本物何度撃っても、いまだに銃のことはようわからんのに、みんな頭いいんだなあ。だれかのブログなんか読んで、ババッとすべて理解しちゃうんだもんなあ。もはや神ですな。

まあ、自分たちが何も知らないのは明らかなんだから、もし本当に銃器のことを知りたければ、むしろ頭を垂れて教えを請うた方がいいと思うんだけど(最初の段階でね)。小隊長殿だって鬼じゃあないですよ。もっとも鬼に会ったことがないので、ソースとか言われても提示できませんが。
Posted by santo at 2010年02月05日 18:45
若干訂正。必要ならば謝罪。賠償は勘弁して。

ーーだいたい本物触ったことも撃ったこともないのに、どんな議論が成立するんでしょうかね。

これは森羅万象、すべての物事が、経験しなければ語れないという、意味ではないです。そこまでは言っていません。あくまでも、象をなでるのを比ゆしただけです。蛇足ながら。
Posted by santo at 2010年02月05日 22:20
M60なんかよりよっぽど複雑は動きをするPKMが
まさっているなんてすごいです
おそロシアです
Posted by onokouhei2456 at 2010年02月06日 12:08
あっちに貼ってあったので、こっちにも貼ります。

http://secondarmored.com/shop/ProductDocuments/Posters%20-%20Secured%20set%20-%20will%20not%20print.pdf

隊長の画像とこのpdfをあわせて見ると、AKとPKMの閉鎖機構は別物だとよく理解できます。
Posted by M16 at 2010年02月06日 14:47
鉄砲の機構って理系ほいほいな感じです。
機械屋のすごさをすごく感じます。


銃の機構勉強不足で悩みっぱなしです。
いまだリムドの銃のマガジンが理解できなくてなぞです。SVDの給弾どうなっとんだろう

そうしてするめ君はグーグル先生に質問を投げかけつづけるのです…
Posted by するめ at 2010年02月07日 15:14
機械屋から。(´・ω・`)

構造が複雑だとか、工程が多いのがダメなのではないのです。
それが不具合を誘発しないのならば弱点ではありません。
それにPKMは複雑そうに見えて、案外部品点数少ないみたいですしね。
勿論、設計時にそういう風(無駄に構造が複雑だとか、無駄に部品が多いとか、無駄な工程が多いとか)に設計しないようにしなければなりませんけれど。

とはいえ、生まれてきた背景も重要ですね。
お聞きしたところ、PKMは前提条件を最初から与えられて生まれてきたそうですね。

もし私が画期的な製品を考えついたとしても、それがうちの会社の生産ラインに乗らなないような(かつ、新規設備を投入するほど凄くもない場合ですが)ものならあんまり意味はないのです。(特許は抑えておくけどねw)


しかしPKMは惚れ惚れしますな。

Posted by 播磨屋 at 2010年02月08日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。