2010年02月21日

AKMのお話。

傾注!
諸君、ようこそ。

AKMの画像を少しばかり貼ってみる。


akm外観.jpg
※手前に転がってるのはPKMのマガジン

AKMの名称は「Автомат Калашникова Модернизированный」の頭文字を取ったもの。AK近代化バージョンってな意味ですな。

AK47からの改良点としては

@曲銃床から直銃床になり、連射時のマズル・ジャンプが軽減された。
A銃口に竹槍状のコンペンセーターを装着、マズル・ジャンプを更に軽減。
BAKU〜V型の削り出しレシーバーからプレスレシーバーになり、軽量化された。また、生産効率も向上。
C連射時の発射数を若干低下させ、コントロール性を良くした。

ざっと、こんなものでしょうか。

そうそう、プラスティックマガジンもAKMと同時に採用されています。画像のAKMが装着している奴ね。

このプラマガ、材質はベークライト。プラマガと言っても内部にはスチール製のフレームやパーツが組み込まれており、頑丈ですがけっこう重いです。

さて、AKM。軽くて取り回しが良く、直銃床のせいで連射時のコントロールも楽になっています。また、銃口の竹槍状コンペンセーターはブラストを右斜め上に逃がす構造になっており、銃口の跳ね上がりを押さえる効果があるとされています。が…。

このコンペンセーター、螺子が切ってあって、銃口への取り付け・取り外しが簡単に出来ます。なので、外して撃ってみた事があるんですが、あんまり差が無いような…?まあ、直銃床の方が影響大でしょうから、それに比べるとコンペンセーターの影響は少ないって事でしょうかね。え?お前が鈍いから差を感じないだけだって?

ほほう。今言ったのはバカの手先二等だな?あとで便所来い。

脱線ついでに、思い出した事を。昔、BTRの上から岩の上にAKMを落っことした事があるんですが、銃口から落ちてコンペンセーターの先端が欠けました。仕方ないので、後でこっそり他の奴のコンペンセーターと交換しておきましたw


akmスタンプ.jpg

AKMのレシーバーとスタンプ部分。AK47のT型で見られた直線状のリブは廃止されてますね。代わりに楕円形のリブが見られます。スタンプを見ると、1963年、イジェフスク工廠で製造されたもの。


AKM分解.jpg

一応、分解画像も貼っておくか。



AKシリーズ.jpg

AKシリーズ4種。右からAKMS、AKM、AK47(U型)、RPK。分隊支援火器のRPKが装着しているのは40発入りのスチールマガジンです。このマガジン、もちろんAKやAKMでも使用する事ができます。


おまけ画像。

AKM射撃(プローン).jpg

プローン(伏射)の場合は、こんな感じでマガジン基部を握って引き付けます。これ、マニュアルにも書かれている撃ち方ですよ。


ちなみに、モデルはウリニダよ?

誇らしいですね<丶`∀´>ホルホルホルホル





本日の鍛錬度:☆☆☆3




posted by 隊長 at 20:01| Comment(13) | TrackBack(0) | 兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうかっ!

あの銃口は竹槍攻撃をする為のものでは無かったのかっ!!!

知らないとは怖いものだな〜(棒読み)
Posted by yota at 2010年02月21日 20:33
マガジン基部を握るのはフィンランド兵もやってました。
Posted by santo at 2010年02月22日 00:15
長物は撃った事ないので感覚も良くわからないのですが、曲銃床と直銃床で連射時どの位違うものなのでしょうか???
力点と支点の間隔は縮まっているようなのですが感覚的に分かりません。
Posted by 灯台守 at 2010年02月22日 00:36
>ほほう。今言ったのはバカの手先二等だな?あとで便所来い。

も、妄言ニダ!
ウリはちゃんと「これ、この形とかどう見ても反動を抑える効果なんか出そうにないんだけどなぁ」と言ってたニダよ!
嘘じゃない、嘘じゃないニダよ!
Posted by バカの手先二等 at 2010年02月22日 01:48
>曲銃床と直銃床

モーメントの違いなのでわ?
Posted by 播磨屋 at 2010年02月22日 02:38
コンペンセーターって何故に傾いて切りかかれているんでしょうか…ライフリングか何かの対策?
Posted by 名無し at 2010年02月22日 09:39
むかしエアガン用AKMコンペを買った時、
つけてみて
「アイゴー!正しくつけてるのに切り込みが右に傾くニダー!」
とキレて

自分で真上に着くように改悪してしまいました

無知とは愚かなことです…うっう…


>名無しさん
>コンペンセーターって何故に傾いて切りかかれているんでしょうか…ライフリングか何かの対策?

えっとたしかですね、
銃を右利きの人が構えたら、構えの関係上右上に跳ね上がるそうです。それを緩和するため、コンペを右向けにして、マズルファイアをそっちに出しているそうです。

…だったかな?だといいな。
Posted by surume at 2010年02月22日 12:26
灯台守さん

曲銃床ってのは、銃口を上に跳ね上げる事によって発射時の反動を逃がすための構造です。ですから、曲銃床の銃で連射すると、一発目を撃って銃口が跳ね上がってる状態の時に二発目を、さらに銃口が跳ね上がった状態で三発目を発射する事になります。当然、二〜三発目は空の彼方へ。

直銃床は発射の反動を真っ直ぐ受け止める構造なので、曲銃床に比べると跳ね上がりが極端に少なくなります。その代わり、反動を逃がす事が出来ないわけですから、人体が受ける衝撃は大きくなります。と言っても、アサルトライフルの反動はフルサイズの弾薬を使用する銃に比べて小さいものなので、あんまり影響無しという事でしょうね。


名無しさん
surumeどん

surumeどんの解説で正解。と言っても、エントリに書いてあるんだけど。

「銃口の竹槍状コンペンセーターはブラストを右斜め上に逃がす構造になっており、銃口の跳ね上がりを押さえる効果があるとされています」

わかりにくかったか?
Posted by 隊長 at 2010年02月22日 21:33
>「銃口の竹槍状コンペンセーターはブラストを右斜め上に逃がす構造になっており、銃口の跳ね上がりを押さえる効果があるとされています」

ごめんなさい、私も「ほほぅ?」となってsurume様のコメで「!」となってました・・・。
Posted by shin at 2010年02月22日 22:45
播磨屋様今晩は
>モーメントの違いなのでわ?
正にそのモーメントの違いの"感覚"が知りたかったりするのですよ(涙;)
とは言っても感覚を伝えるのは難しいですよね…
Posted by 灯台守 at 2010年02月23日 00:13
こんばんは
まったく的外れな質問をします。
いつかのオ○ムさんはAK-47の密造に失敗してますが、AKの生産は民生技術では難しいのでしょうか。
オ○ムさんもある程度の工作機械はそろえたそうですが、やはり自動小銃は難しいのでしょうか。
Posted by 名無し三等兵(愛知の小野です。) at 2010年02月23日 00:27
小隊長殿今晩は。
>曲銃床ってのは、銃口を上に跳ね上げる事によって発射時の反動を逃がすための構造です。
どうもありがとうございます。
下手に連射するとアフガンのお祭り??みたくなってしまうのですかね。
AKMが出るまでの間、フルオート射撃はあまり行わないモノだったのでしょうか??
質問ばかりですいません。
Posted by 灯台守 at 2010年02月23日 00:32
やっとつながりましたよ。
今日の午後から今までずっと接続不能でしたよ。
なぜですかね。やっとメンテナンスが終わりかとおもいましたら、今度は急に502エラーです。
びっくりでした。 よかった。
Posted by 名無し三等兵(愛知の小野です。) at 2010年02月24日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。