2010年02月26日

九九式小銃弾の鉄薬莢について新情報。

傾注!
諸君、ようこそ。

AK関連質問まとめ。で、九九式小銃弾の鉄薬莢について情報を頂いたTさんから、更に貴重な情報と画像をご提供頂きました。ご本人の許可を得ましたので、ご紹介したいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小隊長殿

十数年分の本の山から日本パーカライジング社の社史「パーカライジングと兵器」を漸く発掘しました。
長文で、コメント欄ではヒンシュク者になりそうなので一応メールにてお知らせします。

我が国での鋼製薬莢製造研究の切っ掛けは、満州事変中にスクラップとして戦場から回収した打殻薬莢にソ連製及びドイツ製の被銅鋼製薬莢があったからとの事。

火工廠十条兵器製造所での研究では昭和十五年末までには量産化に最適な製法が見出せず、昭和十六年春に山下奉文軍事視察団の一員が偶々ドイツ・マグデブルグ市の弾薬製造会社ポルテ社工場を見学、圧伸用皮膜として燐酸塩皮膜の使用を見て直ちに内地に報告したとの事。
単に燐酸塩皮膜の応用という報告であったため薬品の研究実施に着手、鋼製薬莢の加工薬品としてボンデライトBの使用が決定された。

鋼製薬莢製造におけるパーカーの利用は、搾伸作業の工程上別作業とする事が出来無いため、民間工場では設備の関係から鋼製薬莢の生産は行われず、凡て軍の工場で生産された。
昭和十六年末には鋼製小銃実包薬莢の生産は日産十二万発程度に達したとの報告。

昭和十八年秋には東京第一陸軍造兵廠に於いて日産七十万発(黄銅薬莢最大日産三百万発の内)に転換された旨記録されている。

尚、地金については圧伸中に起こる組織上の変化等から低温脆性等の問題はあったようであるが、戦場地域の関係から特に問題が提起されることなく順調に量産化された。

ふ〜〜〜、端折ってこんなもんです(笑)。
実戦で使ってますね。
尚、九九式小銃弾以外に三八式小銃弾、機関銃弾、中・大口径火砲の鋼製薬莢も生産したとの事です。
鋼製薬莢の被銅やパーカーは、プレス時の潤滑用だったとは・・・知らなんだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「我が国での鋼製薬莢製造研究の切っ掛けは、満州事変中にスクラップとして戦場から回収した打殻薬莢にソ連製及びドイツ製の被銅鋼製薬莢があったからとの事」

         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ──    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /             \    \    /            /            \
 /         U      ヽ    \  /            /          U    ヽ
 l:::::::::               |.    / l            l               :::::::::| 
 |::::::::::U  (●)    (●)   |.  /   |::::: (●)    (●)|   (●)    (●)  ::::::::::|
 |:::::::::::::::::   \___/    |   ── |::::::::  \___/  .|    \___/  :::::::::::::::::|
 ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ        ヽ::::::::  \/    ヽ     \/  ::::::::::::::::::.ノ


満州事変中にってアンタ。それ以前にドイツとソ連は鉄カートを実用化していたと…。すげえ。まあ、それに気が付いて、まねっこで造っちゃう日本もなかなかですがw


では、いよいよその画像を。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ヘタッピですが、鋼製と黄銅製の比較参考写真と言う事で(笑)。
鋼製・黄銅製と言うのが制式みたいです。

本来、鋼製も普通実包識別色の赤いニトロセルロースが塗られている筈なんですが・・・。
挿弾子は鋼製薬莢には鋼製の九九式用、黄銅製薬莢には黄銅製の九九式用でコーディネートしています(笑)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

九九式小銃実包2種.jpg

左が鉄カート、右がブラスカートです。

九九式小銃実包2種クリップ付き.jpg

クリップ(挿弾子)に付けた状態。

九九式小銃実包2種雷管部分.jpg
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

帝国陸軍の拳銃弾、小銃弾、機関銃弾には殆んどヘッド・スタンプが打たれないのでメーカーや生産年、ロットが分かりません。
本来、雷管周囲には防湿を兼ねるセラックワニスで識別色が塗られている筈なんですが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なるほど、確かに識別色が塗られていませんね…?なんでだろ。

そんなわけで、神奈川県在住のTさんご提供による情報と画像でした。Tさん、この度は貴重な情報と画像をありがとうございました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。


じゃあ、次はウリが持ってるトカレフの貴重な画像を公開するニダよw





本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆☆6



posted by 隊長 at 20:41| Comment(15) | TrackBack(0) | 兵器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわー、すごいですね。本当に世の中には知らないことばかりです。私も心しなければいけないと思います。
Posted by santo at 2010年02月26日 21:12
貴重な写真をありがとうございます。
Posted by デュオ at 2010年02月26日 21:41
すごいです。すごすぎます。
ソ連やドイツにもうすでに先を越されてたとは。
ただただ驚きます。
大変貴重な資料をおもちなのでしょう。
Tさんはすごいです。まるで博物館のようですね。
Posted by 名無し三等兵(愛知の小野です。) at 2010年02月27日 00:23
これは相当貴重ですね。
Posted by 灯台守 at 2010年02月27日 01:03
小野君…。
本当に空気が読めない坊やですわね…。
記事の意味もTさんのこともわかっていないorz

無理してコメントしなくても宜しくてよ?
大人の仲間入りはまだ早いかも。
Posted by むさし at 2010年02月27日 02:37
確かに、小野さんのコメントは厨過ぎてここには似合いませんね。まっ、どこがイケナイとかは本人も理解できないでしょうけど
Posted by 党利すがり at 2010年02月27日 02:54
Sir, Yes Sir!


隊長っそろそろ兵器ネタにも飽きてきましたっ!

そればかりやっているとどこかのオタクの糞ブログになっちまいますっ!

ここらでそろそろお馬鹿ネタを一発お願いします。
最近は厨がうるさくて困りますし。
Posted by yota at 2010年02月27日 08:47
実戦での使用もあったとは・・・
べつに物資欠乏が原因ではなかったのですね。
あ、倹約のためか!?
Posted by ミニクーパー at 2010年02月27日 09:36
ええもん見せてもらいました・・・
Tさん、ありがとうございました。

トカレフの件も楽しみにしていますw
Posted by カツシコノフ・スクミズノフスキー at 2010年02月27日 11:00
あんまり小野君をいじめるなよw

yotaどん
>そればかりやっているとどこかのオタクの糞ブログになっちまいますっ!

ならない。レベルが違う。
と言っても、ウリも少々飽きてきたニダよ。バカニュース探しに巡回してくるw
Posted by 隊長 at 2010年02月27日 13:06
バカニュースを探してると聞き飛んで来ました
ttp://hamusoku.com/archives/2756572.html
Posted by キック分隊長 at 2010年02月27日 14:03
やはり私はガキですね。
大人にはついていけません書き込みするたびに不快なのであるならば
書き込みをやめようかと思います。
ほんとすみません。
実は私は現在「不安障害」を患っております。
病気のせいにするわけではないですが、本当に雰囲気を感じるのが苦手なのです。
そんなこんなでもう書き込みは控えます。
皆さんいろいろと場違いな書き込みすみませんでした。
Posted by 小野です。 at 2010年03月02日 21:48
小野君

気にするなよ。書き込んでいいよ。そして揉まれて逞しくなるのだw 
Posted by 隊長 at 2010年03月02日 22:13
しかし
>小野さんのコメントは厨過ぎてここには似合いませんね。
やはりそうだよな。と思いました。そして
>どこがイケナイとかは本人も理解できないでしょうけど
確かにそのとおりです。
ネットのルールをよく知らずにこんな書き込みをしてます。
Posted by 小野です。 at 2010年03月02日 22:25
いまとなっては家庭も崩壊状態で、それをしたのも自分で、片親には迷惑をかけ、学校をやすんで
担任に迷惑をかけ、さらにはこちらにてへんな書き込みにて迷惑をかけていきました。
結局あとには申し訳ないでは済まないのですよ。
もうこんなメンヘラは黙ったほうがいいのです。
ですのでもうこれ以上は書き込みを控えます。
Posted by 小野です。 at 2010年03月02日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。