2006年05月28日

「宗教者9条の会」が発足。

傾注!
諸君、ようこそ。

大分合同新聞から。

“戦争は罪悪”伝えることが責任 「宗教者9条の会」が発足

県内の宗教者が宗派などのそれぞれの立場を超えて、平和と憲法九条の意味を考えていこうという「宗教者9条の会・大分」が二十六日、発足。結成記念講演会と結成式が大分市のコンパルホールであった。

改憲に向けた論議が高まる中、地域で暮らす一宗教者として、日常生活の中から平和や憲法九条の大切さを考え、行動していこうと、設立準備会が信者も含むあらゆる県内の宗教者に呼び掛けて発足した。

呼び掛け人の一人でもある無着成恭さん(国東市在住)が「憲法って何ん」のテーマで講演した。無着さんは戦前と戦後を生き、本当のことを教えようと教員になった経緯などを紹介。「世界でも最高の日本国憲法を誇りに思うことが大事。憲法に守られているのは国民。守らなくてはいけないのは国会議員や官僚。憲法を守りたくなくなったから変えるというのはおかしい」などと話した。

結成式には約九十人が出席。会則や世話人を決め、「戦争は罪悪であることを伝えることが宗教者の責任であり、戦禍に苦しみ悲しみあえぐ人々とともに歩むのが宗教者の姿。九条を守ることを課題に連帯を求める」としたアピールを採択した。

今後は情報誌を発行し、市民団体の活動や会員の意見を紹介。講演活動や学習会なども開く。

2006年05月27日

はいはい9条9条

こういうおめでたい人達が、続々と出てくる今日この頃。皆様は如何お過ごしでしょうか。

「世界でも最高の日本国憲法を誇りに思うことが大事。」

はいはい、そのセリフを是非、中朝韓へも言ってやって下さいw

「憲法を守りたくなくなったから変えるというのはおかしい」

(゜Д゜) ハア? どんな法律でも時代背景によって変えて行く必要があるんですが?憲法だって同じです。他所の国を見てみなさい。

「戦争は罪悪であることを伝えることが宗教者の責任であり、戦禍に苦しみ悲しみあえぐ人々とともに歩むのが宗教者の姿。九条を守ることを課題に連帯を求める」

笑止w 生臭坊主が…w 人類の歴史の中で、宗教絡みの戦争がどれだけあると思ってやがりますか?w 第一、この人等は「政教分離」というのをわかってるんですかね?

百歩譲ったとして、どうしても政治に口を出したいなら、税金をきっちり払ってからにして頂きたいものです。

それにしても。無着成恭氏って、まだ御存命だったのねw



posted by 隊長 at 20:22| Comment(13) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争が罪悪だということは私自身ある程度は同意するし、それを伝えるのは大いに結構だと思います。

でも、それを声高に唱えるだけでは戦争はなくならないわけであって、それに絡めて憲法9条云々と主張するのはナンセンスです。本気で戦争無くしたいのであれば、もっと具体的な軍縮やら紛争解決やらのロードマップを提示すべきだと考えております。

彼らには日本という国をどうやって国際社会の中サバイバルさせるのか、という観点が欠けているようにしか思えません。憲法9条も元々はそのために存在したものではないでしょうか。そして、その憲法9条が逆に国と国民の安全にとってマイナスになるのならばそれを変えていくのは必然のように思います。
Posted by tty at 2006年05月29日 00:13
”世界最高”の日本国憲法の第1章1条〜8条、第9章96条、第3章10条〜40条もちゃんと遵守して欲しいです。(´・ω・`)
Posted by 播磨屋 at 2006年05月29日 04:34
>>戦争は罪悪であることを伝えることが宗教者の責任であり、戦禍に苦しみ悲しみあえぐ人々とともに歩むのが宗教者の姿。

激ワロス!
歴史上、宗教組織が世俗の連中より100万倍は「好戦的」で、無知な民草を「神の戦い」とか称して煽動していた事の方が多いんですけど…
しかしこの生臭坊主ども、御自分の祖先が500年前には「武装」して、「佛敵」との戦いに明け暮れていたことをお忘れですかね。
いっその事、「憲法寺」とか「九条寺」でも御建てになられては如何ですかね。
御布施や寄付がいっぱい集まり、「坊主丸儲け」間違いナシ!(ww
Posted by 町田の隣 at 2006年05月29日 08:07
>憲法を守りたくなくなったから変えるというのはおかしい

違います。守りたいから、守れるように変えるんです。
Posted by 通りすがりの者 at 2006年05月29日 11:49
今の日本ははアメリカの植民地なので、憲法を変えたら代理戦争にこき使われるだけだと思います。

イラクとかイランに行かされるでしょうね。
Posted by 植民地の住人 at 2006年05月29日 14:31
>今の日本ははアメリカの植民地なので

んー、具体的にどう植民地なのか書かないとここでは相手にされませんよ。

Posted by 春木屋 at 2006年05月29日 23:16
植民地の住人様
>今の日本ははアメリカの植民地なので、憲法を変えたら代理戦争にこき使われるだけだと思います。

憲法改定に伴い、賛成反対様々な意見が出、国会できちんとそれらが審議にかけられること、あるいはあなたのような方が反対の働きかけをできること自体が「日本はアメリカの植民地」という主張と相反することにお気づきではありませんか? 矛盾ですね。w

>イラクとかイランに行かされるでしょうね。

イラクにはとっくに(日本国の独自判断で)行っておりますが、何か? 自分の友人も現在赴任中であり、たまにメールで近況などを聞いたりもしています。
地元からは駐留期間延長の要請すら出てますね。
Posted by バカの手先二等 at 2006年05月29日 23:33
>>今の日本ははアメリカの植民地なので、憲法を変えたら代理戦争にこき使われるだけだと思います。

>>イラクとかイランに行かされるでしょうね。

典型的な護憲論者でつ…。
日本国珍法死守にご熱心な「近隣アジア諸国」支那朝鮮様のかわいいチャウチャウ&プムサグ犬でつね(ww
厚かましくも他国の憲法問題まで国家ぐるみで「干渉」する連中。
米国は一度でも公的に「憲法改正」を日本に要求したことがありますか?
その逆の
「日本は平和憲法を絶対死守せよ」
「近隣アジア諸国」からは政府ぐるみの大合唱でつよ(ww
Posted by 町田の隣 at 2006年05月30日 07:19
植民地の住人さん
はじめまして、ようこそ^^

どうせ書き逃げのピンポンダッシャーなんでしょうが、一応レスしておきますね。

>今の日本ははアメリカの植民地なので

「植民地」なんて言葉を気軽に使うとイタイだけですよ。碌に歴史の勉強もしていないのでしょうが、ひょっとして中学生かな?

>憲法を変えたら代理戦争にこき使われるだけだと思います

妄想がきついですな。漫画や三文小説を読んで歴史や国際政治がわかったつもりになってませんか?憲法を変えたら、具体的にどのような手順で代理戦争にこき使われるのか、説明して下さい。

>イラクとかイランに行かされるでしょうね。

イラクへは日本の意志で行ってますがなにか?大体、モンゴルへ多額のODAを約束してまで、モンゴル軍のイラク派遣を実現させたのも、日本が自衛隊をイラクへ派遣するための地ならしです。意味がわかりますか?アメリカの要請に従ってる様に見えて、それを利用してると言う事に気がついてないのかね?w

イラクに大量破壊兵器があろうがなかろうが、日本にとってはどうでも良い事。日本は日本の国益を考える必要があるだけです。今回のイラク派遣は、日本の国益に適うものだったと、私は考えています。中東の地で自衛隊が活動する事は、世界中に日本のプレゼンスを示す事となりました。この事は少なくともイギリス、オーストラリア等との関係を強化し、北朝鮮、中国等へ対する牽制となったと言えるでしょう。国益を守るってのは、とても冷徹な思考や行動が必要なんです。左巻きの馬鹿サヨみたいに、「みんな仲良く」では済まないのですよ。

さて、百歩譲って「代理戦争にこき使われる」危険性が高いとしましょうか。だとしても、そのリスクは受け入れざるを得ないでしょうね。こうした選択に「ベスト」はなく、「モアベター」があるだけだと思いますが、そんな事も理解出来ませんか?

最後に。私は9条を改める必要有りと考えていますが、それを今の時期にやるべきでは無いとも考えています。日本を取り巻く情勢(北朝鮮、中国等)を考えた時、改憲による空白期間が長い間続くのは危険だからです。むしろ、現在の憲法を拡大解釈して対応する方が現実的ですし、情勢が落ち着いてからゆっくりと改憲を検討すれば良いと思うのです。

さあ、ここでおわかりでしょうか?と言う事は、9条を変えなくても「代理戦争にこき使われる」可能性があるんですねえw 残念でしたw

まあ、そうならない様に、将来的にはきちんと憲法を改正する必要があるんですよ。少しは理解出来たかな? 

Posted by 隊長 at 2006年05月30日 22:45
理解できない方に百万トゥグリク
Posted by 埜坊 at 2006年05月30日 23:10
小隊長殿へ報告!
日本山妙法寺(東京都渋谷区)の僧侶、岩田隆造
なる反日坊主が支那大陸で反日パフォーマンでフォー!しておりまつ。

http://www.people.ne.jp/2006/05/30/jp20060530_60206.html

北京市の最高気温が33度にまで上がった29日、同市郊外の盧溝橋では、70歳を超える日本山妙法寺(東京都渋谷区)の僧侶、岩田隆造さんによる断食と謝罪が、照りつける太陽の下で続いた。岩田さんの断食はこの日で2日目。

>>岩田さんは抗日戦争勝利60周年を迎えた2005年、中国を自費で初めて訪れ、北京、上海、天津、南京などで祈りと謝罪を行った。
>>今回は二度目の訪中で、約2カ月の日程で上海、武漢、重慶、西安、洛陽、北京、哈爾濱(ハルビン)、大連などを訪れる。

この坊主、断食してそのまま即身成仏するのでありましょうか(ww
Posted by 町田の隣 at 2006年05月30日 23:23
日本の伝統ですよね。
南無阿弥陀仏や南無妙法蓮華経など、これだけ言っていれば極楽にいけるとか、しかもそれが日本で一番大きな宗教勢力ですから。
そのうち本当に憲法を経典にする教団が現れたりするかもしれませんねwww
Posted by 徹 at 2006年05月30日 23:58
埜坊さん
おひさ〜w

町田の隣さん
御報告、乙です。
ま、本人が個人的に謝罪するのは勝手ですが、国を巻き込まんで欲しいですな。

徹殿
>憲法を経典にする教団
うはwwww 既にある「9条の会」なんてのがそうじゃないのか?www
Posted by 隊長 at 2006年06月02日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。