2011年03月26日

派遣されたレスキュー隊員が語る被災地の状況。

傾注!
諸君、ようこそ。

救助活動のため、真っ先に被災地へ派遣されていた友人のZAX氏が帰還したとのことで、連絡を貰いました。ご本人の許可を得ましたので、彼の話をご紹介したいと思います。尚、このインタビューは3月23日現在のものです。


-----お帰りなさい、ご苦労様でした。現地の様子は如何でしたか?

一言で言うと「壊滅」です。何もかもリセットの状態。報道の100倍酷いですよ。


-----報道の100倍酷いとは?

被害状態もそうですが、略奪が酷いんですよ。なぜか、ほとんど報道されてませんけれど。


-----略奪?そういえば、被災直後に無人のコンビニから食料が盗まれたとか報道されてましたね。

そういうのは緊急避難的な意味合いが強いでしょうし、仕方が無いかと思います。でも、他県bフワゴン車で被災地へ来て、倒壊した酒蔵などから日本酒やビールを大量に盗んでいく連中がいたりするんです。それも、へらへら笑いながらですよ。


-----それは酷い。他にもありますか?

ガソリンスタンドの地下タンクに穴を開けてガソリンを盗んでいる連中もいました。被災者が緊急避難的に行っているのなら、消防法には触れるけども仕方が無いと思うんですが、どうもそんな感じでは無かったですね。


-----それらは本当に日本人がやっているのでしょうか?

どう見ても日本人です。外国人も酷い事してますけれど。


-----外国人がですか?

ええ。被災した外国人だと思いますがね、避難所へ来て、倉庫に保管してある食料などの支援物資を箱ごと略奪して行くんです。役所の人たちが泣いてましたよ。


-----警察機能はどうなってます?

警察署も役所も消防署も、全部壊滅してるんです。ですから、無法状態ですよ。機動隊は派遣されてますが、彼等の仕事もサーチ&レスキューですから。


-----つまり、略奪を取り締まる警察機能は皆無なわけですね?

そうです。それでも声かけぐらいはしますが、「関係者だから」と言い返されたらそれで終わりです。自分たちには調べようが無いし、そんな権限もないですから。上からも「一切関わるな」と命令されてました。


-----それはそうですよね。任務と別の話ですから。トラブルになって任務に影響が出たら困るし。

はい。でも、悔しい思いをたくさんしました。


-----略奪については本日(23日)の報道で空き巣の被害が増えていること、その対策に他県から警察官を派遣すると言う事が決定されたと聞きました。(※24日には辞令が出され、各地から派遣が始まったようです)


そうですか。でも、遅いですよね、対応が。もっと早く治安維持を考えて派遣してもらわないと。


-----他にはどうでしょう?

そうですね、あまり報道されてないことの一つですが、自衛隊の活躍です。自分たちは自衛隊が居なければ活動できませんでした。


-----というと?

道が無いんですよ。瓦礫ばかりで。自衛隊が重機を投入して道を作ってくれました。そう、ヘリコプターがあんなにありがたいとは、今回改めて実感しました。米軍さんも来てましたよ。


-----米軍のヘリ?

ええ。自衛隊のヘリもそうですが、米軍のヘリにも助けられました。それにしても自衛隊には頭が下がります。彼等は本当に凄い。


-----君も凄いレスキューじゃないの。

いやいや、自衛隊の方々を見ていたら、自分はまだまだだと実感しましたよ。だって、不眠不休で活動してるんですよ。自分たちは夕刻に活動を終わって後は打ち合わせとかありますけど、10時が消灯なんです。でも、自衛官は夜もずっと活動してましたよ。


-----具体的にはどんな活動ですか?

まず、先にもお話した道路の整備。そして自分たちと同様にサーチ&レスキュー。それに加えて援助物資の運搬と配布、炊事車?って言うんですか、ほら、ご飯が炊けておかずも作れる車輌ですよ、あれで暖かい食事を作って被災者に配ってました。それで、自分たちはレーション?戦闘糧食って奴ですか、それを立ったまま齧ってたりするんです。そりゃ、被災者の方々が優先だし、公僕として当たり前ってわかってはいるんですけれど、それを見てたら胸にぐっときましたよ。それなのに、自衛隊が活躍してる場面はあんまり報道されてない気がします。意図的だとしたら腹が立ちます。


-----なるほど。確かに、自衛隊の活動は積極的に報道されていない気もしますね。ところで、頂いた画像は掲載しても宜しいのですか?

ええ、自分のカメラで撮影したものですし、報道でも似たような画像は流されていますから問題はないと思います。ただ、ご遺体が映りこんでいるものがありますから、それは避けてください。いえ、意図して撮影したわけではないのですよ。なにせ、派遣された直後はどこへカメラを向けてもご遺体が映りこんでしまったものですから…。


-----わかりました。今日はありがとうございました。まずはゆっくり休んでください。

こちらこそ、ありがとうございました。では、失礼します。お休みなさい。



※次回はZAX氏より提供された画像を掲載します。




本日の鍛錬度☆☆☆☆☆5



posted by 隊長 at 21:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小隊長殿、お久しぶりであります。
そしてZAXさんはじめまして。
現地でのレスキュー活動、大変ご苦労様でした。

現地はかなり大変なことになっているようですね。
やはり報道されたことが全てではない、ということか・・・

僕の従弟も仙台で被災しましたが、家族全員(嫁さんとお腹の子と三歳の娘)無事とのことで、それだけでもありがたいことだと思っております。
一日も早い復興を願わずにはいられません。
Posted by R&R at 2011年03月27日 19:45
被災地における略奪や犯罪は発生するでしょうね。
平時ですら発生するのですから・・

消防、自衛隊、米軍、他の方々の尽力には頭が上がりません。
多分、自衛隊は自衛隊で消防すげぇ!って思ってると思います。

あっ、たいちょー。数件報告事項あるのでまた連絡します。
Posted by 播磨屋 at 2011年03月28日 00:52
お久しぶりです。

ZAXさん、救援活動大変お疲れ様でした。また、貴重な情報ありがとうございます。

他のブログでも、自衛隊の活動をもっと報道すべきだという声がありました。残念です。
先日、もうすぐ派遣されるという自衛隊のお客さん(好青年)が来たので、他のお客さんの時間を短くして(ごめんね)たっぷり時間をとって仕事しました。感謝と激励の言葉をかけて見送りました。
Posted by 金魚 at 2011年03月28日 20:27
自らの歴史を見て反省せよ
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/
を見れば誰れもが
Posted by ぐりーすがん at 2011年04月16日 18:46
ぐりーすがん氏

意味不明。ついに、本格的に頭がおかしくなったのか?貧乏で汚い畳の家に住んでいるネトゲ廃人のお前でも、一つの命には変わりない。欝で自殺する前に病院へ行きなさい。
Posted by 自衛隊時代に見たました at 2011年04月17日 23:36
>貧乏で汚い畳の家に住んでいるネトゲ廃人

ワロタw
小銃少女の住人ってこんなのばっかw
Posted by すがり at 2011年04月18日 21:22
ご無沙汰しております。
 
ZAX様、お疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございます。
Posted by repunit at 2011年04月19日 03:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。