2006年09月14日

ロシアのスゴイ発明品、電気いらずのノーマット蚊取り?w

傾注!
諸君、ようこそ。

akiさんトコのエントリ危うく家が焼ける所・・・で、山東書記官殿がコメント。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

焼けないためには、やっぱり電気がいらない蚊取りだよね。サラ。(2006.09.14 03:06:05)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ちょwwwww楽屋オチwwwwww

当然、akiさんから「?????」なレスがw はいはい、ここで解説致しますよw


えーと、今年のモンゴルは雨が多かったんです。そのお陰で、蚊も多かったんですよ。なにせ、ウランバートルにいても蚊に刺されるくらい。普段は郊外に行かないと、中々蚊には遭遇しないんですけどね。で、ホテルの部屋にも蚊が侵入してましてね、毎晩鬱陶しくて。それで、蚊取りを買いに行ったわけですよ、スーパーに。

そしたら、私のカワイイ部下のサラ大尉が「大佐、これが良いですよ!」と、選んでくれたのがロシア製の「ノーマット」でした。

私「これ、カートリッジじゃん。本体がないとダメだろ?電気で加熱するやつ?」

サラ大尉「(箱裏の説明文を読みながら)えーと。あ、これはカートリッジだけで良いみたいですよ?キャップを取って置いておけば、蚊が落ちるって。」

私「なにー!?マジか?ロシア人恐るべし!うーん、やっぱり凄い製品を開発しやがるなあ、連中は!」


なんてやりとりの末、嬉々としてノーマットのカートリッジだけを購入して帰ったわけですよ。

それで、ホテルの部屋の窓際に、キャップを外したカートリッジを置いておいた、と思って下さい。

その晩から、なんとなく蚊がいなくなった様な気がしまして。「うーん。こりゃ凄い。是非、日本へ買って帰ろう。」なんて思ってたんですね。

さて、ある晩、私の部屋で打ち合わせ&飲み会。その時、山東書記官殿がこの蚊取りノーマットに気がつきました。

山東書記官殿「?小隊長、なにこれ?」

私「あ、それね、凄いんだよ。加熱しなくても、キャップを外して置いておくだけで蚊が落ちるんだ。流石はロシアだよね、独創的なモノを造るよ。ロシア、まんせー!w」

山東書記官殿「(箱裏の説明文を読み)…。あのさ…。」

政治将校殿「(同じく箱裏の説明文を読み)…。」

私「???????ん?」

山東書記官殿「しっかりと、『電気で加熱する本体機具が必要』って書いてあるけど。」

私「!!!!!!!げ!」

政治将校殿「プププププププw」


                ハ_ハ
              ('(゚∀゚∩ ウヒョー
               ヽ  〈 バカ丸出し!w
                ヽヽ_)

だって私、ロシア語は読めません!(滝泣)

だってさー、ロシアならそれくらい奇想天外なモノ、造りそうじゃん。ロシアってさ、そんな国じゃん。夢壊すなよ(やけくそ)。


つか、サラ大尉!おまい、もう一度ロシア語を勉強しなおせ!w

↑やつあたり

そんなわけで皆さま。火も電気も使わないノーマットは夢でしたのよ。

サラSVD&T55.jpg

サラ大尉。ま、いつもカワイイから許すw 


本日の鍛練度:☆☆☆☆☆5



posted by 隊長 at 22:02| Comment(15) | TrackBack(0) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サラ大尉テラモエスwwwww
Posted by するめ at 2006年09月14日 22:04
サラ大尉素敵っ!(`・ω・´)ノ
Posted by 播磨屋 at 2006年09月14日 23:33
うっかりカートリッジってかボトルを持ち上げると手につくんですよ、これが。
日本の奴って水性だと思うんですが、油性でベトつくわ、なかなか落ちないわ、手を洗うの大変ですた。
Posted by ○ー○スキー at 2006年09月15日 00:28
蚊といえば、ゲバラはジャングルの蚊対策としてタバコを吸っていたそうですが、軍事に詳しいここの方々は、どう思われるでしょうか?

自分の経験では、確かに煙草を吸わない人より刺されにくいようなんですが。
Posted by busayo_dic at 2006年09月15日 02:23
まさにスパシーボ効果ですねw
仮にそんなすごいノーマットがあったとしたら、すごく身体に悪い気がしますがw

>>タバコ
自分は喫煙者の汗や体臭の方が蚊を引き寄せるというような話を聞いた気がします。
煙の出ている間は寄らないとかあるのかな・・?
Posted by 熊狗 at 2006年09月15日 03:23
そういうことだったんですか。。

おいとくだけで、虫を寄せ付けないって言う・・・のも置いてますが・・・効果ないみたいです。
Posted by aki at 2006年09月15日 06:33
>>ゲバラ
私の不確かな記憶では、キューバ辺での虫対策が、ひげと葉巻だったと思います。
葉巻は香の強い煙が大量に出るので、蚊などの虫除けになるとか。ちなみに葉巻は日本のタバコと違って、煙を肺まで吸い込みません。(なるほどザワールド辺りの知識かも。キューバ葉巻は有名ですね)
Posted by るな at 2006年09月15日 09:23
るなさんの言うとおり昆虫は基本的に煙に弱いので大量の煙が出る葉巻は虫対策に良いそうです。

熊狗さん>
蚊が人間を察知するのは一般的に呼吸の際に排出される二酸化炭素だと言われてますが、
他に表面体温や皮膚に分泌される乳酸も一因だと言われています。
特に後者は蚊に吸われやすい個人差の原因になります。
あと、当然ながらビールを飲むと刺されやすくなります。
Posted by SSS at 2006年09月15日 10:22
あのホテルで、隊長殿や政治将校殿、書記官殿、パパラッチさんは3Fで、僕とゾーラスキは4F・・・
エレベータどころか非常階段も無く、毎日重い撮影機材を背負い、薄い空気のせいでハーハー言いながら部屋まで帰ったわけですが、4Fで唯一救われたのが、あの凶悪な蚊があまりいなかった事!

でもハエの多さにだけは閉口しました。
なんでこうもハエが多いのか!途中で気が付きましたが、もしや道端のいたるところに落ちている「人糞」の・・・(検閲)
軍事博物館に展示してある戦車の横に鎮座していた、漫画でしかお目にかかれないような見事な3回転半!には、流石に感動しましたが。
(思わず写真におさめようかと思ったくらいです)

結局毎晩メッシュのランドリーバックを頭に被って寝てました。
Posted by M at 2006年09月15日 10:37
しかし、部屋の蚊には参りましたね。私、ソ連軍にいるためか、藪蚊には慣れてまして刺されても一時間以内に治ってしまうのですが、モンゴル蚊のかゆみは24時間以上治らない…
効き目ないと思ってましたが、「秘密兵器」のフタを開けてベッドの横に置いていました。気休めにもならんかった…結局、執心の助けはウォッカのみw
 「同志副機長、ウォッカを持ってこい!」
Posted by 政治将校 at 2006年09月15日 12:58
>凄い製品
仮に、加熱いらずのものだとすると
凄い勢いで気化する薬剤ですよね。

ってか容器の構造を見れば分かqwせdrftgyふじこlp;
Posted by ミニクーパー at 2006年09月15日 13:57
あの音だけはご勘弁・・・
Posted by 宝塚のある市民 at 2006年09月15日 16:50
アァ、わたしタバコと葉巻、勘違いしていたのですねorz
Posted by busayo_dic at 2006年09月18日 16:45
そういえば、蚊取り・・・・ではないですが、虫除けのブツがあるようで。

http://www.craypas.com/seihin/new/uchiwa/uchiwa.html

電気を使わないもの、というんで見つけましたが・・・お門違い?w

しっかし効果薄そう・・・
Posted by Robroy at 2006年09月18日 18:06
一括レスでスマソ。

>ってか容器の構造を見れば分かqwせdrftgyふじこlp;

そう思ったんだけど、ロシアならきっとやってくれると思ったんだよっ!w
Posted by 隊長 at 2006年09月19日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。