2006年09月21日

防火ポスターに放火民族を起用w

傾注!
諸君、ようこそ。

中央日報から。

チョン・ウソン、日本の防火ポスターに登場

映画『サッド・ムービー』で消防士に扮した鄭宇成(チョン・ウソン)が、東京消防庁が作る「秋の火災予防運動」のポスターの主人公に抜てきされた。

21付けのスポーツ報知は、11月11日に日本で公開するチョン・ウソン主演の『サッド・ムービー』について「プロポーズをうまく伝えられない消防士など8人の別れの物語を描くラブストーリー。ウソンは勇敢な消防士の役。試写を見た東京消防庁の『秋の火災予防運動』担当者が映画に共感し、ウソンをキャンペーンポスターのキャラクターに起用した」と報じた。

ウソンは「本当に光栄に思い、ポスターによって日本での火災事故が減ってほしい」と所感を語った。場面写真がポスター画像に使われ、ウソンは「『大事な人を守りたい。』その気持ちが防火です。」と訴える。ポスターは10月上旬から全国で約17万枚が掲出される。

2006.09.21

洒落がキツイな。放火が特技のチョソを、火災予防運動のポスターに起用ですかw

まあ、ぺの野郎がセキュリティ会社のCMに出てるのと良い勝負ですねw


posted by 隊長 at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | コリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>『大事な人を守りたい。』その気持ちが防火です
つまり彼らは「誰も大事じゃないor守りたいと思っていない」ってことですねw
Posted by ミニクーパー at 2006年09月22日 13:59
半島人を使うな、とだけ。
Posted by aki at 2006年09月22日 17:00
ミニクーパーさん
>つまり彼らは「誰も大事じゃないor守りたいと思っていない」ってことですねw

まあ、少なくとも日本人に対してはそうだろうね。

akiさん
>半島人を使うな、とだけ。

確かにウザイ。
Posted by 隊長 at 2006年09月22日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。