2007年05月12日

沖縄タイムスが民主主義を否定w

傾注!
諸君、ようこそ。

沖縄タイムスから。

社説(2007年5月12日朝刊)

[国民投票法案]

民意をくみ取るべきだ


衆参の「数の力」は理不尽


参院憲法調査特別委員会は十一日、憲法改正手続きを定める与党提出の国民投票法案(憲法改正手続き法案)を自民、公明の賛成多数で可決した。

先月十三日の衆院通過に続き、十四日の参院本会議で与党の賛成多数で可決され、成立する見通しだ。

国民投票法案は手続き法とはいえ、憲法改正、特に「戦争放棄と戦力の不保持」をうたう九条の変更と密接に絡む重要法案である。

本来、与野党が民意をくみ取りつつ、十分に審議を重ねて「公正、公平、中立」な制度の実現に向け合意を達成するのが筋だったはずだ。

それが衆参両院とも「数の力」で採決されるのは理不尽であり、極めて遺憾と言わざるを得ない。

参院特別委では「審議は十分尽くした」とする与党側に対し、民主、共産、社民、国民新の野党四党は「中央公聴会も実施されていない。審議が不十分」と主張し、採択に反対した。

しかし、与党が付帯決議をすることで譲歩したことを評価、採決では衆院可決時のような混乱は回避された。

付帯決議は、最低投票率制度の是非の検討や投票権者の年齢を十八歳に引き下げる法整備など、今後の検討課題として十八項目を挙げている。

投票権を二十歳以上ではなく、十八歳以上に引き下げているが、国民の意思を確認するために行われるのだから、まず投票率が問題となる。十八項目の中で、最も重大な論点といえる。

参院の審議では野党側から、一定の投票率に達しない場合は投票を無効とする「最低投票率」を設けるべきだとの指摘が相次いだ。

憲法九六条は、国会の憲法改正の発議について「(衆参両議院の)総議員の三分の二以上の賛成」と厳格に定める一方で、国民投票の承認については「その過半数の賛成」としている。

その過半数とは、実際に投票所に行き、賛成・反対の明確な意思を表示した投票権者、つまり有効投票の過半数であることは明白だ。

だが、法案には何の制約もない。投票率がどうあろうと有効投票総数の過半数が賛成すれば改憲案が承認されることになっている。



地方公聴会では賛否両論


現憲法には、最低投票率を法律で定めるようには書いていないからという理由で、最低投票率を設定することは違憲だという主張さえある。

しかし、現憲法には国民投票法をつくること自体も明記されていないのであり、それらの解釈も含めて今後の論点となろう。

参院特別委の地方公聴会では、最低投票率について公述人から賛否両論の意見が出された。

「投票のボイコット運動で多数決による民主主義が影響されるのではないか」「一部の意思のみで憲法が変更されると正当性を損なう。少なくとも過半数の投票が成立要件になるべきだ」「ボイコット運動などで要求される投票率を超えられないなら、改正の機が熟していないと判断すべき」などだ。

いずれにせよ、最低投票率の定めがないことが大きな問題であり、最低投票率、あるいは絶対得票率を定めるのは避けて通れないはずだ。

公務員や教員がその地位を利用して国民投票に関する運動を禁止するのも問題である。

罰則がないとはいえ、「団体の力で学生に影響を与える恐れがある」と運動禁止を支持する人もいれば、逆に「職種による人権や人格権の否定につながりかねない」との声も強い。


憲法改正、現実の政治課題に


法案では、投票日の二週間前まで改憲についての有料意見広告をテレビやラジオに出すことが許されている。

資金力があればいくらでも改憲の主張がマスメディアを通じて国民にアピールできるわけであり、改憲に有利に働くのは明らかだ。

今後の論議は、国民投票法成立を受け、七月の参院選後の臨時国会で衆参両院に設置される憲法審査会に主舞台が移る。

三年間は改憲案の提出、審査は凍結され、現行憲法の問題点などの調査が進められることになる。

安倍首相は「自民党は新憲法草案をつくって改正の意思表示をし九条は変えると決めている」と述べ、憲法九条を含む改憲の是非を夏の参院選で争点としたい考えをあらためて表明した。

憲法改正が現実の政治課題となり、国民一人一人が真剣に向き合わなければならない局面に入っている。

>「数の力」で採決されるのは理不尽

>現憲法には、最低投票率を法律で定めるようには書いていないからという理由で、最低投票率を設定することは違憲だという主張さえある。


                               __
                             ,,ィ `   '``' 、
                           ,. _     ,ィ''         :ヽ
                        ,i,.:' i    .:'           .::`
                     /  !゙ _、/ _;;-=ェ;、        .::i!
                   , '′,/ ,r;;.,i  `tiゝ.::   ,,    .:::::i
                , '":` ,/  ,iY'i    '" .' ::/゙ '''ミ::,  .:::::|
               r′.:  ;'-ーヽi′,'.   i ',," ::/ 'kヮ、 ゜::::::::i
               i  ::. /  :'゙ヽィ    ゙ `ヾi   `'  .:::::::/ 選挙なんて多数派のお祭りだ!
               |    ゙  ノ i  ''-=ミヽ.       .:/
               l      // 、  ヽミ`、ゞ   :::::::::ソ-   もはや政府転覆しかなぁい!!!
                j      i;;;|  ヽ_   ″   .::::::/ノタl゙
            ,,,,,,、ノ     .ノ;;;i   ヽ,,_ ,゙、::::::::::ノ.イ"
        ,i;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ,,i;;;;;;;;|ヽ   .:::::::::::::::: ̄ソ;;;;;`ヽ
       .,,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;[     ,/;;;;;;;;;;;;;i ヽ ,,   .::/;";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,
       ,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,,___, '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      .,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ


民主主義の完全否定キターwww

いっそ外山閣下を首領にして、沖縄は独立汁w


posted by 隊長 at 21:48| Comment(12) | TrackBack(0) | ニュース関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「最低投票率」
が問題なら、戦後から今までの全ての選挙について、なぜ異議を言わないのか?
「公務員の意見表明」
個人としてはどこで何を言おうが個人の責任でしょう。
しかし、学校、役所等、公の場で個人的な意見を表明するは、そもそも「税金」で食っている以上やる事ではありません。
そんな事知らないならば「民主主義」と言う言葉を使い事自体自粛すべき。
Posted by tasogaremilk at 2007年05月12日 22:15
最低投票率については議論した方がいいとは思いますが、もっぱら反対派の論を聞いてると、「最低投票率云々」はむしろ反対のための大義名分で、目的は反対そのものという気がしますね……
現行憲法を絶対視し、国民の改憲の意思すら無視できる、って、それなんて民主主義?
Posted by バカの手先二等 at 2007年05月12日 23:37
この社説全体として
普段は
「社会の木鐸・民主主義の担い手」
を自称して事在るごとに「言論の自由」を連呼しているジャーナリズム様が、実に低レベルな妄言で呆れてモノが言えません。


>>民意をくみ取るべきだ

ここで「民意」とは、改憲に賛成している
「圧倒的な数の力の無知な大衆」
ではなくて、社会的に
「極少数派」
になりつつある、良心的、進歩的インテリ様のご自分たちの事ですかね?ww

思想や意見の異なる、少数の人間の存在を社会が認めるのは、そりゃ開かれた真っ当な民主主義社会の常識ですが、それを尊重し過ぎれば
「社会的少数者の多数者への支配と専横」
につながりますが…。
このトンデモ偽弁を見ていると、マスゴミ特権に溺れきった彼らには、すでに真ともな思考ができなくなっているのかも知れませんね。

それと最近は特に絶対護憲狂徒たちが、
いよいよ改憲の具体化が見えてきたことで、ファビョり気味なのか、
憲法問題を「法律議論」から宗教的な「思想理念議論」へすり替えをするのが目立ちますね。

「平和憲法は崇高な世界に誇る宝の精神である」
あるとか
「日本国憲法は世界平和の基本理念に」
なんて、語句が平然と「T大ナントか教授様」たちの口から出てくるのを見ていると
日本国憲法は何時から「法律から宗教」に変わったんだ?
と失笑ぎみです。

さてこの先どんな
「トンデモ護憲論」が出てくるのでしょうか
なんだかワクテカニダ〜。
Posted by 町田の隣 at 2007年05月13日 08:17
改憲阻止のため日本に内政干渉してください!

追伸、
最近、上記の
「憲法を世界宗教に系」のブログを見ていたらこんなの見つけました。

私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します
http://kokumintouhyou.blog98.fc2.com/

内容は何のことは無い

>>私たちは現日本政府による全面的憲法改定に反対します

要するに世界に向けて
「全世界の皆様。改憲阻止のために日本政府に内政干渉してください!」
って事です。
国内でいよいよ立場が危うくなってきた
「絶対護憲真理狂徒」
の悲痛な叫びですなw
滑稽なのは

>>「経済大国」として国際社会に大きな影響力を持つ日本によるみずからの民主主義の明示的で意図的な縮小あるいは否定は、世界平和にとって大きな脅威となることでしょう。
>>1930年代に世界を悲劇に導いたファシズムの横暴を21世紀の日本で繰り返してはならない

ファシズム?
ハア?
憲法が変われば、日本は「ナチスドイツ」のような全体主義の独裁国になるのか?
「漢奸の反日宣伝」ここに極まれりですねww
Posted by 町田の隣 at 2007年05月13日 09:04
沖縄タイムズの論評は…民主主義の完全否定ですね。本当に。
多数派の民意より神聖憲法重視ですか…それなんてカースト制?w
Posted by 元ピラニア at 2007年05月13日 10:05
政権党に、何でも反対するのが民主主義か!
多数決の論理がダメと言うならば、今こそ
憲法を改正しなければと思うのは私だけ?
天下の悪法と言えど法は法、誰かが言った筈だよ
悪法ならば、尚更に善法に、
血も涙も通った法律にしようとは思わんかね!
憲法と共に他の五法も必然的に変わるだろうし。あの共産党でさえも、天皇、自衛隊を
認めたではないか!時代と共に生活向上があれば
共に法が善方に変化すべきと、ワシは思ふ。
Posted by 源紀 at 2007年05月13日 11:40
Mixiで「憲法9条改悪を絶対阻止しよう!」って日記かいてるのに突っ込んだら似たような反応でしたよ。
現在は民意が低いから多数決は危険なんですと。
すごいエリート様たちでしたwww
Posted by 播磨屋 at 2007年05月13日 11:46
普通に考えて沖縄はもうダメだろう・・・(´・ω・`)
Posted by ヨシフ at 2007年05月13日 12:27
多数派の意見が優先されるのが民主主義であって、少数派の意見はとりあえず聞きますよ、言うのはお好きにどうぞ、って感じだと思うんですが。本来は。
ばかばかしい、ただの法律じゃありませんか。時代に合わなければとっとと変えてしまえばいいのに。

ヨシフさん>
新聞が駄目……なんだと思いたいorz
同じく割と駄目な地域の広島出身者としては、なんとも言いがたい気分です。
Posted by MIB at 2007年05月13日 13:57
ためしに一度国民投票法案を国民投票にかけてみて、
どの程度の投票率になるか見てみるのが素直かと。
Posted by shin at 2007年05月13日 16:18
一括レスで。

播磨屋さんの仰る様に、「現在は民意が低いから多数決は危険」というエリート様達がおられるのですw 皆で生暖かく見守って差し上げましょうw
Posted by 隊長 at 2007年05月13日 20:04
>沖縄は独立汁
え?沖縄ってアメリカの一部じゃなかったっけ?

と、旅行したときの印象を変に歪曲して書いてみるテストw
Posted by ミニクーパー at 2007年05月15日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。