2005年07月30日

モンゴル軍とアメリカ海兵隊。

傾注!
諸君、ようこそ。

専守防衛さんのところで、私のエントリを取り上げて貰っておりますが。
同時に紹介されていた「2004年度冬期大平洋アジア防衛フォーラム」がまた面白い。まずは画像を御紹介。

Khanshell-4-5.jpg
空港?


どうもこれは空港(ブヤントオハー空港)で撮られた物のようですね。訓練が終わって原隊復帰する際のものでしょう。

khaanhorse.jpg
  乗馬訓練する海兵隊

これが以前「軍事研究」に掲載されてたものですな。コメントは「モンゴルの高原で乗馬訓練をする米海兵隊」だけでした。情報が無いから、書きようが無かったのでしょう。ちなみに、この画像は2003年の9月、訓練の最終日に撮られたものです。場所は第311部隊駐屯地。何故わかるかって?私がそこにいたからですよw

030926-khaan2.jpg
M-203のレクチャー


この画像が撮られたのは、下のエントリにある宿舎の内部。

さて、「2004年度冬期大平洋アジア防衛フォーラム」ですが、機械翻訳サイトを貼っておきます。こちら。自分でURLをコピペして下さい。

知ってる人の名前が沢山出てきますなあ。

the150Elite Peacekeeping Battalionといいますのは、イラク派遣隊の事です。あちこちの部隊から、精鋭が集められて編成されています。トレーニングを行う場所はやはり第311部隊駐屯地。 Five Hills Training Center というのは第311部隊駐屯地のこと。モンゴルでも普通は第311部隊駐屯地と言わず、「タバントルゴイ」と呼ばれています。タバンは数字の5、トルゴイは丘の意味。

なんと、トゴー(Togoo)さんの名前とコメントまで紹介されていますね。彼はモンゴル国軍参謀本部の本部長。文中では少将になってますが、つい最近中将に昇進されました。職務を離れると普通のオサーンなんですが、普段でも気さくな良い方です。日本にも防衛庁の招きで何度も訪れておられます。

さて、来週末にはモンゴル行きです。

本日の鍛錬度:☆☆☆☆☆5


posted by 隊長 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(1) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

モンゴル
Excerpt: モンゴルモンゴル民族の国民国家である独立国については、モンゴル国を参照。地域名としてのモンゴル(モンゴリア)については、モンゴル高原を参照。----モンゴルは、現在のモンゴル国と中華人民共和国の内モン..
Weblog: 国-ACCESS
Tracked: 2005-08-01 06:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。