2007年10月10日

またアホが来たw

傾注!
諸君、ようこそ。

これがサバイバル?wに、変な人からコメント。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

誰一人本は読まずに勝手なこと言ってる事だけは分かった。

Posted by とりあえず at 2007年10月10日 01:41

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


あのね、服部文祥氏の本を読んだとか読まないとかの話じゃ無いんですがね…。

とりあえず、君が文章の読めない人だって事は判ったw 

さて、この人はココから私の所へ来てるんですが、この「とにかく沢登りなブックマーク」作成者も笑えます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小隊長日記〜日々是鍛練ナリ。: これがサバイバル?w

a-odagiri.seesaa.net カテゴリ 一般 キーワード きびだんご みすず書房 フリークライミング マタギ 五泉市 詳細 1 user
追加日
2006年10月27日
[ネタ][服部文祥]服部文祥氏の記事の感想その2。「最初から有効な手段や装備を捨てるのはアホのする事です。」 そういう不自由さを楽しむのが登山の本質なんだけどね。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ぶはははw
「そういう不自由さを楽しむのが登山の本質」と言い切るのもアレですけど、まあいいやw

しかし、私は「現時点で考えられる、有効な手段や装備を備えておく事が危機管理の基本。その上で、昔のマタギのやり方を踏襲してみれば良いだけのことって書いてるんですが、その意味が理解出来ないのでしょうか?w


もう一つ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

おやじのぼやき:源流域の宝なんだけどな。。。

dream4ever.livedoor.biz カテゴリ 動植物 キーワード livedoor Blog みすず書房 フリークライミング 五泉市 南アルプス 詳細 2 users
追加日
2006年10月27日
[釣り][自然保護][服部文祥]服部文祥氏の記事の感想。「この記事も在来魚の危機的状況を知らない人が読むと俺もやってみようなんて思ってしまうのではないか?」 あれが真似できる人はそうそういないと思うが。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「あれが真似できる人はそうそういないと思うが」

これもテラワロスwww

ブログ主の鎌倉おやじ氏は、危機的状況にある源流の天然イワナを“俺もやってみようなんて思って”むやみに釣る人が出てくるのでは?と、危惧されているわけでしょうに?違いますかね?

まあ、ある意味「あれが真似できる人はそうそういないと思うが」と言うのは当たってるかもね。

だって、服部文祥氏のやってることはちっともハードじゃないし、むしろ厨房レベルですから、あんな恥ずかしい真似をする奴はそうそういないでしょう(爆)


ところで、「とりあえず」さんは豊島区からアクセスしておられるんですが…。

まさか、服部文祥氏ご本人や、その関係者じゃありませんよね?w



posted by 隊長 at 21:24| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの書き込みにレス付けたかったんですが、あんまり古い記事にコメント付けて更新履歴を埋めるのもイヤだったんでやめときました。

>誰一人本は読まずに勝手なこと言ってる事だけは分かった。
>そういう不自由さを楽しむのが登山の本質なんだけどね。
>あれが真似できる人はそうそういないと思うが。
どれも書いてある記事の冒頭、ってかその人の読みたいところしか読んでない感じのコメントですね。

「とりあえず」氏と「とにかく沢登りなブックマーク」のコメント書いてる人は同一人物なんでしょうか?
Posted by ミニクーパー at 2007年10月11日 11:02
近所の裏山でも遭難することは十分ありえることですからね。まぁ都会の人間が予備知識もなく山に入っていくのと同じw
Posted by ねこ爆弾 at 2007年10月12日 21:27
「くろがね堅ぱん」と「懐中電灯」位は持っとくべきだと思いますな。使わなきゃいいんだし。
持ってるけど使わない、と
持ってないから使えない、は
似てるようで違うと思います。

※海なら
泳げないけどライフジャケット着けてる人
泳げるけどライフジャケット着けてない人
どっちが助かる確率が高いかな〜
Posted by 灯台守 at 2007年10月13日 00:33
やってることはイラクでBBQにされかけた三馬鹿と同レベルなんですけどね、流石に日本の山岳には武装勢力のような故意的な悪意を持った存在がいないだけで。
そもそもそんなに近代装備を否定されるならいっそ身一つで入っていって、その結果を本にしたほうが売れると思いますがね、生きて帰ってこれれば。w
なんか自転車乗ってヌードで抗議デモやってる欧州の環境保護グループ思い出します、自転車ってどう作られてるのか考えない彼らと、釣具はOKな服部氏と。
見事にダブスタなところが共通項かと。w
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2007年10月13日 18:16
不自由さを楽しむ と 危険に備える は全然次元が違うのにね。こういう人間に登山されたら、迷惑ですな。ま、登山をキャンプ場程度に思ってるんでしょうね。

あ、楽しんでんだから、遭難してもほっといて死ぬにまかせればいいのか。海の捜索は税金だけど、山は自費だからね(もちろんいろいろ人様に迷惑はかかるんだけどね)。
Posted by santo at 2007年10月15日 16:02
なんか全体的に貴方の方が
小さい人間なんだと思った。
ちなみに貴方が言う変な人とは別人です。

服部文祥氏の著書を読んで批判するのは
良いとして、(私も疑問ありですので・・・)
『この人はココから私の所へ来てるんですが』
なんて厨房 以 下 のレベルだと
思いませんかね?

ちっと久しぶりにムカっとしたので
書いてみました。
Posted by toorisugari3 at 2007年10月15日 22:26
もうちょっと具体的に言ってみてもらえません?
察するにはてぶの人?
Posted by キックトーン・3Kバッテリー分隊長 at 2007年10月16日 00:40
toorisugari3さん
コメントを拝見しましたが、ご批判の具体的な根拠と判断基準がわかりませんでした。
批判されるのは構いませんが、いきなり根拠や理屈も示さず「貴方の方が小さい人間」とか「厨房以下」と言う方が、罵倒に等しいと思われますが。
もし、真面目に「この点がこういうことでいけない」というのなら、このような書き捨てのような文章でなく、ちゃんと論理立てて指摘された方がよろしくはないですか?
Posted by バカの手先二等 at 2007年10月16日 01:02
まあまあ皆さん。

>ちっと久しぶりにムカっとしたので
書いてみました。

こうやって感情に任せて書き散らす人相手にまともに対応してもしょうがないですよ。論理的な文章なんて書けませんよ。たぶん2度と来ないだろうけど、放置プレイでいいんじゃないですか。

まあ、実際問題として

>なんか全体的に貴方の方が
小さい人間なんだと思った。

>『この人はココから私の所へ来てるんですが』
なんて厨房 以 下 のレベルだと
思いませんかね?

に関してなぜそうなるのか、全く論理的な説明が全くなされていないのは確かで。これって、お前のかあちゃんデベソ、て捨てぜりふを言う小学生と同レベルだよね。
Posted by santo at 2007年10月16日 02:54
スミマセン。
あまりにムっときたので確かに理論的説明が
全然ありませんでした。


皆さんは以下についてどうお思いですか?
>さて、この人はココから私の所へ来てるんですが、
>この「とにかく沢登りなブックマーク」作成者も笑えます。

前URLからそれを皆さんで笑うような事は
大人な行為ですかね?
IP抜くぞとか言っている奴と同じ気持ちで
やっておられませんか?
どう思います?
このHPはそういう事を良しとした
もんですか??

ただただ残念だと思ったのは、
せっかく反論するのであれば、
上記のような事をせずに
本質をちゃんと反論すべきだと思いました。

皆さんがおっしゃる危機管理については
私も賛成です。著書を読んで?な部分も
(特に着火材を使っている部分とか・・・。)
ありました。

それと同時に、装備だけ立派になっていく登山や
しいてはアウトドア全般の
現行と自然との乖離については共感出来る部分も
あります。

それだけです。

Posted by torisugari3 at 2007年10月16日 06:35
torisugari3の二度目のカキコがちっとも「理論的説明」になっていない件w
Posted by とーりすがりん at 2007年10月16日 12:58
>それだけです。

そうですか。でわ。(´・ω・`)ノ^^
Posted by 播磨屋 at 2007年10月16日 12:59
えーっとね……

取り合えず
>ただただ残念だと思ったのは(中略)本質をちゃんと反論すべきだと思いました。

についてですが、理解し易いようにまとめてあげましょう。

1:服部文祥が非常識(ある意味危険)な登山法を推奨する

2:隊長がエントリで「危機管理とか舐めてんのか、このアホ」と『具体的に』突っ込む。

3:該当エントリに的外れなコメント書いた奴(HN:とりあえず)が来る。

ココまではいいですか?
で、他の人のコメント等で既出ですが、本を読んだとか読んでないとかの問題で無いのは
『一般的な読解力』があればエントリやコメント見れば解りますよね?
該当エントリの主文は

「不自由を楽しむのは結構だが、最低限の備えはしておけ。
後、危険な行為を煽るなこの無知」

と言っている訳ですから完全に文意を汲み取れて無いでしょう?
本質云々って


ち ゃ ん と エ ン ト リ 読 ん で ま す か ? 


前後しましたが
>前URLからそれを皆さんで笑うような事は
大人な行為ですかね?(中略)このHPはそういう事を良しとした
もんですか??

コレもまとめてあげましょう。
1:アクセス解析して見たらはてぶ経由

2:作成者のコメント見ると
>不自由さを楽しむのが登山の本質なんだけどね
とある。

だから、「不自由を楽しむのは勝手だけど備えはしておけよ、使わなきゃ良いんだからさ」ってエントリでもコメントでも言ってるのにまるで理解して無いから作成者もm9(^Д^)プギャーーーッって言ってるんですよ、このエントリは。
一体ドコからIP云々なんて発想が出て来たのかサッパリ解りませんが


  ご 理 解 頂 け ま し た か ね ? 


ご理解頂けたのなら改めて具体的にどうぞ。
Posted by キックトーン・3Kバッテリー分隊長 at 2007年10月16日 21:11
>前URLからそれを皆さんで笑うような事は
>大人な行為ですかね?

私はそれに参加してませんでしたが、はてブの該当部分を見ると、

>服部文祥氏の記事の感想その2。「最初から有効な手段や装備を捨てるのはアホのする事です。」 そういう不自由さを楽しむのが登山の本質なんだけどね。

これは、小隊長の言っていることが間違っている、自分は登山の本質を分かっているが、小隊長はわかっていない、と言っているに等しいですよね?
では「登山の本質」とはなんなのでしょう?
残念ながら自分は登山の趣味はありませんが、あるいは困難に挑むことだったり、あるいは日常と違う世界に身を置くことだったり、人によってそれぞれであることは推察されます。
その中で、「他の何物でもなく、有効な手段を捨ててわざと危険な状態に身を置くこと」が「本質」と断言されるのは、おかしいと思いませんか?
それならば丸裸、とは言いませんが、Tシャツとジーパンとスニーカー、あとはせいぜいナイフ一本で山に挑むべきです。
「この装備で山に登るのが好きなんだ」というのは、まあ万が一の時に周囲に迷惑がかかることを除けばその人の自由です。
ですが、それを「本質」とまで言い切り、人によっては不要な危険までそれが本来である、などと言う言い様は、笑い者にされるのを見るのは気持ちの良いことではないかもしれませんが、笑いものにされても仕方ないと思われますが。
何も知らない初心者がそれを鵜呑みにして危険に陥る可能性があることを考えれば、本来「笑い者」どころの話ではありません。

>IP抜くぞとか言っている奴と同じ気持ちで
>やっておられませんか?

その比較の意味が分かりません。
「主張(断言してる内容)がおかしいから笑う」と「IP抜くぞ」とどう対応するのでしょう?

>それと同時に、装備だけ立派になっていく登山や
>しいてはアウトドア全般の
>現行と自然との乖離については共感出来る部分も
>あります。

それと「有効な手段をわざと放棄する」は全然違う、というか、正反対のことですよね?
「様々な装備の中で、必要な物を戦略的に選択していく」
ということを前提に考えれば、その答は不要な物を持って行くことでも、必要な物を持っていかないことでもないはずです。
もしあなたが本当に現状を憂うのであれば、安全性を削ってまで装備をひたすら削ることを批判する人を批判するのではなく、安全性などとのかねあいの中で必要な装備の選択を模索し、啓蒙することが必要なのではないですか?
Posted by バカの手先二等 at 2007年10月16日 21:40
おや?更新している間にレスが増えてるw

torisugari3さん

こちらでも書いたのでよろ。

http://a-odagiri.seesaa.net/article/61002967.html
Posted by 隊長 at 2007年10月16日 22:39
バカの手先二等様の後半の文章もそうですが、
私から見たら皆様の意見や書き方は
立派です。私も少しの差異こそあれ
大筋では皆様の意見に賛同するものです。
ちなみにサバイバル登山に賛同するものでも
ありませんので。むしろ否定論者なんで。

だから、アクセス解析をした上で
どこそこから来たとかそれを笑う事に
ムッとしました。

はてぶ?とか皆様のテリトリーに
一切関係ない私がどうこう言う筋合いは
ないんですが、なんとなくせっかくの
立派な意見達がアクセス解析した結果に
左右され本質が見えなくなっていくのが
やるせなかったです。

なぜに登山にしっかりした意見をもつ人達が
そんな事をするのかとがっかりしました。

またちょっとひっかかるのは
>ハードじゃないし、むしろ厨房レベル
と隊長様がおっしゃるので
隊長様はもっとハードな事に取り組んで
いらっしゃるのであると推測しました。
このHPを見る限り、そのような匂いは
しません。また厨房レベルと罵る隊長様は
いったいどんな事をしているのかと
興味をもって煽りたいとおもっております。

あ、あげさんは
スルーしていいですよ。
個人的に意見を述べているだけですので
付き合ってくれる人に述べます。


Posted by toorisugari3 at 2007年10月16日 22:42
>はてぶ?とか皆様のテリトリーに
一切関係ない私がどうこう言う筋合いは
ないんですが、なんとなくせっかくの
立派な意見達がアクセス解析した結果に
左右され本質が見えなくなっていくのが
やるせなかったです。

意味不明w

>またちょっとひっかかるのは
>ハードじゃないし、むしろ厨房レベル
と隊長様がおっしゃるので
隊長様はもっとハードな事に取り組んで
いらっしゃるのであると推測しました。
このHPを見る限り、そのような匂いは
しません。また厨房レベルと罵る隊長様は
いったいどんな事をしているのかと
興味をもって煽りたいとおもっております。

このブログの記事をちゃんと読んでないか、読解力がないか、toorisugari3はどっちだ?
Posted by すがりん at 2007年10月16日 23:33
toorisugari3様
>だから、アクセス解析をした上で
>どこそこから来たとかそれを笑う事に
>ムッとしました。

誤解されているようですが、「どこから来た」というだけで云々はしてませんよね? 「リンクをたどってきたはてブの主張がおかしい」ということを言ってるだけで。
それに、個人的に言えば、referenceの確認程度は、「解析」と言うほど特別なこととも思えません。それだけではまず個人の特定がされるものでもなく、またプロトコルの仕様として接続先に伝達されるようになっているものです。
もし主張にやましいところがなければ、「自分は確かにどこそこから来たが、それは自分の主張の正誤とは関係ない」と言えば良いのです。
ですので、

>なんとなくせっかくの
>立派な意見達がアクセス解析した結果に
>左右され本質が見えなくなっていくのが
>やるせなかったです。

というのは、当たらないと思いますが。
あと、「本質」という言葉を多用されてますが、toorisugari3様が指してる「本質」というのがなんなのか、どの部分を根拠にされてるのかがいまいちわかりません。
そのような不鮮明な形で「本質」と言われましても、こちらとしては「こちらには見えないものを根拠に話をされてる」ようにおもえてしまいます。

>またちょっとひっかかるのは
>>ハードじゃないし、むしろ厨房レベル
>と隊長様がおっしゃるので
>隊長様はもっとハードな事に取り組んで
>いらっしゃるのであると推測しました。
>このHPを見る限り、そのような匂いは
>しません。

「匂い」と言われると主観の問題なので困りますが、自分が実際に見聞き、確認した限りにおいては、素人目にも隊長の技量は相当な高レベルです。隊長に何度も随伴したことがありますが、技術、知識、判断力レベルでも、ひけらかしではなく、実践に伴い培われた洗練されたものです。隊長は「こんなの全然大したことない、入門レベルだよ」と笑って言っておられましたが。
実際、何度もアウトドア雑誌で紹介もされています。
また、ハードさで言えば軍関係の仕事にも関わっておられ、こう言ってはなんですが、「遊びでいたずらに命の危険を冒す」とは、別次元のハードなこともされておられます。
人間にはいろんな側面があり、その一側面だけで「この人はこんな人だ」と判断されるのは、危険なことだと思われます。
Posted by バカの手先二等 at 2007年10月17日 00:12
プゲラッチョ。
>素人目にも隊長の技量は相当な高レベルです。

服部はK2に登頂してるのだが、隊長さんはもっと死亡率の高いアンナプルナに無酸素単独ヴァリエーションで登られたのでしょうね。きっとw
日高全山無補給どころじゃなくて、日本縦断を無補給で歩き通される方でもあるのでしょうw
Posted by うんこちゃん at 2008年08月12日 20:13
>うんこちゃん

夏厨の書き逃げですか?w

すぐ上のコメントだけじゃなく、エントリーとコメント全てに目を通してから書き込んだほうがいいですよ。そうしないから、馬鹿丸出しのコメントになってるw

自分で「うんこ」と名乗るくらいだから、どうせその程度のものでしょうけれどね。
Posted by さっち at 2008年08月12日 20:44
>うんこちゃんさん
昔のコメントに今更のレスなのでなんとお返事して良いかわかりませんが、日本の山だろうがK2だろうがアンナプルナだろうが、遭難したら周囲に迷惑がかかる、ということはおわかりですね?
難所に挑み、自分の限界に挑戦、というのはまだわかります。
が、危機管理もしないことで周囲への迷惑が増すやり方を選択するというのは、ただのわがままですね。
小隊長はそういった危機管理をちゃんとやられる方だと言っているのです。
そしてあなたの言い方だと、服部氏は「俺はK2にも登ったことがあるから日本の山なんて屁でもないぜ!」と山の危険性を非常に嘗めている方だということになりますが如何でしょう?
いえ、ご本人がまさかそのようなことを考えてはおられますまいが、あなたの言い方ではそうなる、ということです。

Posted by バカの手先二等 at 2008年08月12日 22:10
>うんこちゃん

プゲラッチョ。

>服部はK2に登頂してるのだが

でっていうw
そのお偉い服部さん、岳人に書いてる人ですよね?山屋の間じゃ、けっこうイタイ人で有名なんだけど?w



Posted by 奈々氏 at 2008年08月13日 01:40
なにやら、また変なのが来てますなw
しょうがないか、夏休みだし。どうせ書き逃げのヘタレだろうけど、一応レス。

うんこちゃん
>服部はK2に登頂してるのだが、隊長さんはもっと死亡率の高いアンナプルナに無酸素単独ヴァリエーションで登られたのでしょうね。きっとw

してないよ。興味も無いし。

>日高全山無補給どころじゃなくて、日本縦断を無補給で歩き通される方でもあるのでしょうw

やろうと思えば可能かな。マジレスすると昔、一ヶ月程度、無補給(現地調達)で行動した経験は何度かある。尤も、非常用に3日分の糧秣は常に携行してたけどね。決定的に服部氏と違うのは、絶滅が危惧される源流の岩魚を食うなんて暴挙をしなかったこと。野草、木の実は勿論だが、蛙や蛇、昆虫なんかも普通に食べた。君は服部マンセー君なのか知らんけど、もう少し世の中を見た方が宜しい。表には出ないけれど、数十`の装備を身に付け、数日間も食事を取らずに不眠不休で山岳地帯を駆け抜ける猛者が日本にも沢山いる。別に私でなくても、彼らがその気になれば、K2だろうが難しくないだろうね。「日本縦断を無補給」もしかり。じゃあ、逆に服部氏は彼らの真似が出来るのか?まあ、無理でしょうw

あと、肝心なこと。

私は服部氏のK2登頂等を云々してない。もう一度エントリを読みたまえ。「さっち」さんがコメしてるように、それをしてないから頓珍漢なコメになってる。


おお。そう言えば思い出した。
少し前、「海賊(?)の隠したお宝を探す」みたいなTV番組があったのだが。その中で、無人島の崖の中腹に怪しい洞窟があるとかって話になった。で、「専門家」なる人物を招いて、崖の上からその洞窟まで降りて捜索、と。

見てたら、その「専門家」が崖をラペリングしてるんだけど、ロープが思いっきり岩のエッジに当たってるw 普通、降りる前に見れば危ないのは一目瞭然。なのに、プロテクトも無しに一気に降りてるのw 「うわ、危ないことするなー」と思ってたら、それが「服部文祥」様でしたわwwww

流石は 冒 険 家 で す ね w


マジでラムネ吹いたってのw
Posted by 隊長 at 2008年08月13日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。