2007年11月22日

宗主国様が斜め上な件w

傾注!
諸君、ようこそ。

(-@∀@)から。

そんなのアリ? 中国の詐欺騒動、日本巻き添え

中国遼寧省瀋陽市で20日から21日にかけて、アリ養殖を巡る投資の焦げ付き問題に抗議する市民らによる大規模なデモがあった。数千人が同省共産党委員会の建物を包囲。21日午後には数百人が日本総領事館前などにも押し寄せ、被害を訴える騒ぎになった。

デモをしたのは、強壮剤に使うアリの委託養殖で業者に支払った保証金の回収が出来ず、だまされたと訴える人々。香港紙によると、被害総額は数十億元(1元は約15円)に上るという。

日本とは関係はないが、中国当局の対応に業を煮やしたデモ隊の一部が「外国公館に訴えれば、中国当局も黙っていられないはず」として、日本や米国などの総領事館が集まる一角を行進。「金を返せ」などと叫んだ。

2007年11月22日

ちょwwwwwどんな理屈だwwwww

流石は宗主国様。属国のキムチ国に負けてませんなw


posted by 隊長 at 20:35| Comment(5) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「外国公館に訴えれば、中国当局も黙っていられないはず」

属国は本気で日本が悪いって言うのでは?(´・ω・`)
Posted by 播磨屋 at 2007年11月23日 06:12
まだ甘いな、「小日本に核を撃ち込めば世界も注目するアル!!」くらい言わないと。w
Posted by ホッポンフェイカー・四等兵 at 2007年11月23日 20:15
>「小日本に核を撃ち込めば世界も注目するアル!!」
そ、そんなのアリ!!

アリでも、「養殖」なんですね〜 なんとなくイメージしにくい。
Posted by 金魚 at 2007年11月23日 21:01
>>外国公館に訴えれば、中国当局も黙っていられないはず

こんな所は中国人民の鋭敏な「政治嗅覚」を窺わせます。
北京五輪を前にして、対外イメージ向上に腐心している北京共産党中央政府を考えれば、「外国公館に訴え」は、たしかに正しいことですよね。

言い換えれば、こんな事をしなければいけないほどに、中国の地方共産党政府の政治がメチャクチャだという事です。

それと、この詐欺事件、当局の対応から見て、恐らく当地の共産党幹部が「胴元」の可能性が高いですね。
Posted by 町田の隣 at 2007年11月25日 18:28
あ。「アリンコ」のことね。あれは、マジで効くんです。ところで、加工業者は、ニセモノを含めて南チョソでは?だから、南チョソとその「宗主国」である日本の領事館で押し掛けるのは、「老百姓」(中国で賢い農民や庶民の知恵をたとえる言葉)としては当然だったのかもw
Posted by 政治将校 at 2007年11月27日 07:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。