2005年11月04日

軍用キャンピングカー?

傾注!
諸君、ようこそ。

ガズ.jpg
我が部隊の誇る、長距離移動用車両。ガズの軍用トラック(ロシア製)を改造しまくり。
元は軍用無線の修理用車両だったのですが、内部の修理用機材を全部取り出し、快適空間に改修w

閣下とシノハラビッチ大佐.jpg
車内でくつろぐ小林源文電子のシモベw閣下とシノハラビッチ大佐。衣装がメチャ怪しいですなw

サイキビッチと小林@御殿場.jpg
左からサラ大尉、斎木伸生サイキビッチ、小林@御殿場若社長(SATマガジンのオーナー)。ベンチシートはコの字型に配置され、収納スペースとベッドを兼ねています。12人が楽に座れ、窓の上のフックに専用のハンモックを張ると8人が寝る事が可能です。

ストーブ.jpg
特筆すべきはこのストーブ。キャビンにはヒーターも標準装備されているのですが、エンジンをかけていないと使えませんし(バッテリーだけでも暫くは可能)、ガソリンのムダです。おまけに、辺境の地でガス欠となったら凍死は免れません。その点、このストーブなら近くから燃料を集めてくれば宜しい。お湯も沸せるしね。これはモンゴルならではの知恵。

電話.jpg
ドライバーとはこの電話で会話。ザハで買って来た韓国製なので、ちょっと趣に欠けますな。その内、何とかしましょ。

非常灯.jpg
ハッチを開けると、キャビン内の全ての照明が消え、この非常灯が点灯します。青いのは遠くまで光が届かないようにするため。うーん、軍用車両w

このトラック、大変走破性が高く、ランドクルーザーやジープがスタックする様な所でも平気で走ります。実際、山岳地帯の岩場でランドクルーザーが2回パンク、終いには車軸を傷めて走行不能になった際も、こいつが平気で走ってくれたお陰で死なずに済みました。ありがたや、ありがたや。やっぱ、こういうのはロシア製に限りますな。
posted by 隊長 at 20:14| Comment(6) | TrackBack(0) | モンゴル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
丁度来週末御殿場のゲーム大会なのですが、こんなキャンピング....もといトラック欲しいです。
夜は尋常じゃないぐらい寒いですし(モンゴルに比べたら暖かいかもしれませんが)、快適に寝れる事間違い無しですね。


Posted by ハブ山@淫腸 at 2005年11月04日 21:26
ハブ山@淫腸さん
御殿場かあ。あそこの管理やってる小林@御殿場若社長からもおいでよっ、て誘われてるんだけど、なかなか予定が合わなくて。

>トラック
輸入するか?w
Posted by 隊長 at 2005年11月05日 00:12
>御殿場
ミニの中で寝たら、死ぬかと思いましたからね
パンツァージャケットじゃ耐えられなかった。
ちなみに、自分も若い衆二人つれていきます。

>輸入
高そうだし、壊れても部品が無さそうw
結構欲しいですけどね
Posted by ミニクーパー at 2005年11月05日 02:55
>ストーブ
そういえばシベリア鉄道(モスクワ〜ウラジオストク間の特急ロシア号も)でも列車の暖房は石炭ストーブを使っているというのを聞いたことがあります。ポーランド軍の炊事車も燃料は石炭だし(自衛隊の野外炊具1号は灯油だったかな?最新式のは灯油と電気併用だったよーな)。

>トラック
うーむ、ランクルやジープをも凌ぐとなると、なかなか面白いですなあ、実用的でもあるし。ウニモグとかと興味あるけどw
Posted by Robroy at 2005年11月05日 07:37
輸入>

できませんw 儲けの少ない弱小接骨院の院長は、その日呑むビール代に不自由しているからです(笑)
でもこんなの持ってキャンプ行ったら、本当に快適でしょうね。

ミニクーパーさん

御殿場参戦されるのですね。
お昼休みの抽選会に、私の接骨院から景品(ロクなものではないw)を出しますので、是非とも当ててくださいねw
Posted by ハブ山@淫腸 at 2005年11月06日 18:36
ミニクーパーさん
>高そうだし、壊れても部品が無さそうw
部品は何とかなるかな。価格は$1200だったよ。(改造前)

Robroy殿
走破性でウニモグには勝てないと思いますが、実用性はとても高いですな。

ハブ山@淫腸さん
いや、だから$1200だぜ?w

>御殿場
漏れも行きたいなあ。ミニクーパーさんと顔合わせ、よろ。
Posted by 隊長 at 2005年11月06日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8959946
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。