2008年04月06日

知っているが故に書けないこと。

傾注!
諸君、ようこそ。

こういうブログをやっていると、実は書けないことが沢山あります。

特に国際関係については、ビミョーなことが多く、書くのを躊躇するのもしばしばです。

何も知らなければ、妄想や電波の類で好き勝手な事を垂れ流せるのでしょうが、なまじ真相を知っているばかりに、その問題に触れることすら出来ないこともあるのです。世の中には、やれ「米国CIAが暗躍」だとか、「中国共産党の陰謀」だとかの電波を飛ばしまくっているお方もいらっしゃいますが、そうした「陰謀論」に終始できる、おめでたい脳味噌を、私は時々羨ましいとすら感じます。

さて、知っているが故に書けないのは何故か?

つまり、事実を書くと様々な面で不都合が生じる。外交上はもちろん、私個人や関係者の安全にも、そしてetc.

しかし例外もありまして、時にはタイミングによって(不都合をクリアした場合)書けることもあります。それが、過去に当ブログでご紹介した数々の事柄なのです。

さて、皆様。私が今さら、何故こんな事を言うのか?w そして、この間、私が書かなかった国際的事件が何だったかを思い起こして下さい。

じゃ、また明日w



本日の鍛錬度:☆☆☆3


posted by 隊長 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>実は書けないことが沢山あります

>>なまじ真相を知っているばかりに、その問題に触れることすら出来ないこともあるのです

同感です。

私、今実は今年一月に出版を始めたばかりの、保守系政治文芸季刊誌「N.S」(H陽社から出版w)の仕事に携わっております。
これ、大手出版取次ぎを通せなかったので、今の所は全国の「紀の○書店」系列とジュ○ク堂の首都圏の一部の販売(あと地元のローカル書店チェーン)のみとなっておりますが。
(見かけたら買ってくださいね…m(..)m)

まあこの手の仕事をしていると、とても表ざたに出来ない類の情報も耳に入ってくるわけですわ。

たとえば、某地方都市にて「拉致」の手引きをした可能性の濃厚な人物(所属組織と地位、当時の行動からほぼ確実)の情報だとか…ね。
この情報も、とても「公表」できない筋からだったり。

日本の今の現状から言えば、全てをバラすと、とても厄介な事態を招きかねないわけですよね。

小隊長様を見て思いますが、内情を知っている人間ほど、「〜陰謀説」なんて絶対に口にしませんw
軽率な言動が自分自身ならともかく、他の人間や周辺に大変な迷惑をかけかねないんですから。

まあ、だからという訳ではないですが、私は文脈や更新内容から小隊長様の「言えない何か」が時々、何と無くピンときたりしちゃうんですがww
Posted by 町田の隣 at 2008年04月06日 22:20
明日を楽しみにしてます。


おやすみなさいませ。。。
Posted by aki at 2008年04月06日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。