2008年04月08日

チベット問題に対する創価学会の対応w

傾注!
諸君、ようこそ。

教えて!gooから。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

質問:チベット問題に対する創価学会の対応

創価学会は平和のために全世界で活動をしているらしいですが、チベット民族が中国共産党の非人道的な弾圧に苦しんでいる問題に関して、何かしらの抗議活動などは行っているのでしょうか?

世界中で(主に平和活動に対しての)名誉称号を授与されている方が会長をなさっている団体なのですから、率先して活動すべきだと思うのですが、どうなのでしょうか。

そしてもし行っていない、もしくは行っていても小規模で目立たないものだとしたら、その理由は何でしょうか?

失礼ながら創価学会に関する質問に対しては、私見や無根拠な回答をされる方が多いようなので、そういった回答は予めお断りいたします。

それでは、よろしくお願いいたします。



回答:

チベットが未来永劫中国に従属してくれることが世界平和につながるからです。
小国にあちこち独立されると必ず政治的に不穏な状態になります。
過去のほかの独立問題を見ればそれは明白です。

平和の反対は無秩序、平和とは「秩序」のことに他ならない。と著名な漫画家も仰っています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

あからさますぎてワロタwww


posted by 隊長 at 21:10| Comment(7) | TrackBack(0) | チャイナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまるところ
「世界は全て中国になるとイイと思うお!」ってことですな

ってか、ヨシリンのコメント流用か・・・
Posted by ミニクーパー at 2008年04月08日 21:39
創価学会の人に「中国と友好関係のある平和団体なんだからチベットとか苦言を呈するべきじゃないの?」っていうようなこと言ってみたら、次に尋ねてきたとき「先生はあくまで個人だから政治の問題は国同士で政府とかがやるものだと思う。」みたいなことを言われて呆れた覚えがあります。
平和団体とか言いながら都合の良い時だけ一個人扱い。
Posted by 猫七三 at 2008年04月09日 01:46
だったら近所での「秩序」を守ってくれよ。
すんごく迷惑w
Posted by 宝 at 2008年04月09日 18:22
csi諸国とか旧ユーゴは経済発展が目まぐるしいのですがねぇ…日蓮を名乗るのではなくファシスト党とかの方がお似合いですw
Posted by ねこ爆弾 at 2008年04月09日 23:07
長野の聖火リレーを暴漢から守るために草加学会は防衛隊の派遣を決めたそうですよw
あと、小沢民党は自公に楔を打ち込むために、犬作に証人喚問を企てているみたいです。

小沢民党も草加学会も中国様のシモベなのに連携が取れていませんなw
Posted by カヲナシ at 2008年04月10日 01:33
皆様

久々の草加ネタ、意外と食い付きが良かったなw
Posted by 隊長 at 2008年04月10日 22:58
過去の聖教新聞を読めばいかに創価学会がチベット問題を見てみぬふりをしていたかはよくわかります。
ガンジー、キングときてチベットも扱うのも人権派の新聞としてはごく自然な流れです。
聖教新聞でチベット問題を扱っていなかった故にチベット問題を知らなかった学会員も多かった事でしょう。
100歩譲って支持する必要がなかった(できない)としてもあえてチベット問題は避けるという姿勢は中国の出先機関だと呼ばれても仕方がないでしょう。
中国政府は創価学会を利用して日本に親中政権を作ることをたくらみ、創価学会は中国の十数億人の「市場」が惜しいのが主な理由で、winwinの関係なのです。
Posted by たんくん at 2008年04月13日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。